祝 ADSL開通★
 まずはご報告。
やっと自宅にADSLが整いました。
これで快適ネットライフが送れるというもの。以前の携帯を使っての接続は、転送速度が遅くて、ストレスたまったのですが、それに比べたら今は天国のよう。

d0033983_16183181.jpg
 さてさて、更新が滞っていたこの1ヶ月半の間、Butakoの家ではいろんなことがありました。
その一つが、旦那ロベルトの成人病の発見!!ちょうどVini nel mondoの時期に、足先に強烈な痛みが起きて、なんだ、なんだと騒ぎながら、お医者に行かせたところ、通風の発作であることが判明。
緊急に血液検査を命じられました。(イタリアの診療所では、血液検査もしてくれません。そのために病院まで行く必要があります。)

((写真))スポレートはただ今ジャスミンの花の季節

そして、結果。。。
息子の成績表を待つ母のような気持ちで、見てみると…
尿酸値  7.1     (正常値は7.0未満)
コレステロール 201 (正常値は200未満)
グルコース血糖 245 (正常値は220未満)

あ、糖尿病じゃん。そして当然、メタボですよね。
案の定、主治医も「軽度の糖尿病です。食事制限してください」とサラリのたもうたそう。

えーー糖尿病!!いくら軽度だと言っても、ショックです。
旦那の年齢から言って、とっくに警戒すべきお年頃には達していたのですが、なんせ、見た目が若いから(成人病と見た目は関係ないのに!!)、ま、大丈夫か、と都合よく思っていたのでした。

後日、また病院で予約を取り直して、ディエトロゴ(ダイエット専門医)のもとへ言ったロベ。
A4の紙を大事そうに持って帰ってきました。
そこにはお世辞にも読みやすいとは言えない、ディエトロゴの手書きの指示書が…。

「そんな厳密な食事制限はしなくていいって、言われたよ」とちょっと安心顔のロベ。
私もブタブタ製薬で循環器製剤を営業していたので、日本の糖尿病の食事制限の厳しさは知っていました。ま、彼は重症ではないにしろ。でもイタリアの食事療法って…
Butakoもかなり興味シンシン。

朝食:パン一枚にジャム(無糖か果糖入り) 牛乳コップ一杯
おやつ:果物一つ クラッカー一枚
昼食:イモ類、豆類中心。もしくはパスタ中盛りとサラダ
おやつ:フルーツ入りヨーグルト
夕食:各品目をバランスよく。パンは2切れまで。

基本的にアルコールはよくないが、止む終えない場合は、一日グラス1杯まで。

あまり、厳しくないようです。
野菜たっぷり。
あらゆる種類の肉は食べても良いが、週2回まで。
卵は週2個まで、生ハムは週2回、チーズは週2回まで。
魚料理、週2回以上。
サラミ類は今は控える。オリーブオイルは一日大さじ1杯半まで。

d0033983_1619363.jpg 
なるほど、以前の肉が多めの我が家の食生活に比べると(ロベの好みで)、かなりヘルシーに、でも良い感じになっています。
早い話、野菜や豆を中心にした食生活を送るべしということなのです。

でも一つ問題があります。
おやつに食べる果物は、旬のものに限られるということ。旬以外のものだと、体内のフリー・ラジカル(活性酵素、すなわち体を老化、酸化させるもの)に対抗するだけの力がないので、摂っても意味がないそうです。無農薬か減農薬ならなお良いそう。へー知らなかった。
問題は、そういった果物を安く手に入れるためには、どうするかということ。
((写真))スポレート郊外では、小麦が色づき畑は茶褐色に。

以前、イタリアの野菜について報告した記事でも、Butakoは地元の八百屋を見つけたい!と書いていましたよね。いよいよ必死に探すときが来たようです。
しかし「渡りに舟」とはまさにこのこと。
それから数日後、友人ルチアがとっておきの八百屋がある…と教えてくれたのです。

その八百屋に先日行ってきたので、次回報告します。

                                                  Butako
   
[PR]
by butako170 | 2008-06-21 16:14 | ウンブリア地元ネタ
<< 発見!地元の八百屋さん 長らくブログの更新が滞っていました。 >>