お好みソースに挑戦
ロベルトは大阪フードが大好き。
タコヤキ、お好み焼き、うどん、そば…粉もんには目がありません。
よって我が家の食卓にはたびたび「お好み焼き」がのぼります。

Butako「今日はOKONOMI-YAKIにしよう」
Robe「本当かい?!うれしいな。白ワインがいいよね。あー待ち遠しい」

手抜きできるうえに、ロベのこの喜びようで、Butakoも大満足。

しかし日本から持参したお好みソースが、なくなりかけていることに気づきました。
さぁ、どうしたものでしょう。
ないのなら、作ってしまおう…ということで、ソース作りに挑戦。

インターネットでレシピを検索。
でもウスターソースの作り方しか見つかりません。
仕方がないので、ウスターソースのレシピでやってみることに。

だし昆布、乾燥しいたけ、しょうゆは我が家に常備しているのでOK.
タマネギ、にんじん、セロリなどの香味野菜+リンゴ。
イチジクも入れてみました。
香辛料(にんにく、生姜、クミン、オールスパイス、ローズマリー、セージ)、
ワイン、塩、砂糖(カラメル状にして)。

d0033983_033673.jpg 
 煮込んだあと、ミキサーでドロドロにし、仕上げにワイン酢を入れたらできあがり。あとはビンに密封して、酢の酸味が抜けるまで二週間ほど、待ちます。
酢を入れる前、味見してみましたが、ソースに近い味になっています。
ロベルトも一口味見するなり『いいんじゃない』ですって。

2週間後の完成が楽しみ。
自家製ソースで食べるお好み焼きの味はいかに?!

                                        Butako
[PR]
by butako170 | 2007-09-15 00:33 | プレシディオ・食材
<< 式までカウントダウン 家庭菜園 その後 >>