アグリ訪問! 『MONTEMURANO』
2月6日(月)

 CADABOの定休日は月曜日。毎週butakoは月曜何をしているかというと、掃除、洗濯、買い物などの雑用・・・。そして、夜は決まってCADABOのみんなと食事します。

 d0033983_2114596.jpg
 今日は、『同業他社を見てみよう!』ということで、他のアグリツーリズモで食事することになりました。Montecarottoから20KMほど離れた、Serra S.Quiricoという街の山の頂きにある『MONTEMURANO』というアグリを訪れました。
 それが、Serra S.Quiricoの街から遠いこと遠いこと・・・。山道を20分、グネグネと登りきったところに目指すアグリはありました。当然周りは民家の1件もなし。大自然に360℃囲まれていました。

 d0033983_2121473.jpg
 なかに入ると、暖炉がありレンガ作りの温かみのある、落ち着いた雰囲気のリストランテです。
若夫婦2人で切り盛りしているそう。ご主人はイエジ出身で、シェフ。奥様はミラノ出身です。お腹には赤ちゃんが・・・。お2人ともお客をもてなすことが大好き。とりわけ、料理には並々ならぬ情熱を持っています。アグリで育てている自慢の牛や豚、鳥などが調理されサービスされます。

 ここは出来てまだ1年もたってません。アグリツーリズモをすることが、2人の長年の夢だったらしく、何もない山のテッペンを選んだのも、来てもらう人に都会の喧騒を忘れ、自然に浸ってもらうためだとか。

 d0033983_2125245.jpg
 さて、いよいよ食事といきますか。アンティパストに牛肉のカルパッチョを選んだのはbutakoです。みんなはプリマは頼まずに、アンティパストとセコンドをミストした内容になっています。
d0033983_2132258.jpg
 バッファロー(buffuoro)のステーキ、ノロジカ(capriolo)の煮込み、牛・豚・鳥肉の炭火焼ミスト(griliato misto)と盛りだくさん。なかでもバッファローのステーキは柔らかくて最高!ノロジカの煮込みも、滋味深くて美味し!はじめは牛筋の煮込みかと思うくらいコクがありました。d0033983_2135357.jpg
我らがシェフニコロにどう思う?と聞くと彼も「美味しい」と言っていました。でも盛り付けはウチの方が素敵だけどね・・・と付け加えて・・・。
 
d0033983_214176.jpg
デザートもしっかりいただいて、お腹も心も大満足で家路に着きました。CADABO連中はアグリ訪問で、刺激されるものがあったのか、帰りの車の中でもいろいろと話をしていました。
外食もたまにはいいよね。

                                             butako


    
[PR]
by butako170 | 2006-02-18 20:52 | スタージ
<< イタリアのバレンタイン事情 最後のPISTA(ピスタ) >>