ステファノママ宅でのパーティ
         12月25日(日)

 d0033983_3415579.jpg
BUON NATALE!butakoたちは昨日に引き続き今日もクリスマスパーティ続行中です。
今日はステファノのお母さんの家で、これまた親族を呼んでのフェスタです。居間はきれいに飾りつけられ、庭先ではcapretto(子山羊)の肉をBBQしています。
 『AUGURI!(おめでとう)』と互いに挨拶しながら、キッスをするイタリア人。本当にほのぼのしています。思えばここ数日で何回おめでとうと言葉を交わしたでしょう。八百屋で野菜を買うとき、馴染みのインターネットポイントに立ち寄ったとき、人に会うたびに『クリスマスおめでとう!』と挨拶するイタリアの習慣はとても素敵でbutakoは大好きです。

 d0033983_3425955.jpg
さて、台所ではステファノママが忙しく食事の準備をしています。コンロには野菜のブロード、お肉のブロードが暖められていて出番を待っています。プリマはトルッテリーニのようです。
 さて、いよいよフェスタ開始。ステファノママお手製のトルテリーニは野菜のブロードでいただきます。ベジタリアンのカレムは挽肉入りのトルテリーニが食べられないので、別メニュー。野菜のブロードにパスタ生地の小さなレグーミ(塊)を雑炊にしたものを食べていました。

 d0033983_3432148.jpg
セコンドはお肉です。先ほど庭先で焼いていた子山羊のローストとブロード用に煮込んだ牛肉を各自取り分けて食べます。子山羊はパリッと焼けていて程よい野生味で◎。やはり炭火で焼いたお肉うまいっす。また、牛もトロトロになるまで煮込んでいてさっぱりしていて美味。
 
 d0033983_3434243.jpg
さて、コントルノにはアーティチョークのマリネや茄子のグリル、ポテトのオーブン焼ローズマリー風味などがまわってきました。野菜そのものが美味しいのでシンプルな調理法でも美味しいのです。いやむしろシンプルなほど野菜本来の味が楽しめていいのかも・・・。
 最後はドルチェで〆。伝統菓子とパスティチェリアで買ったシチリア菓子盛り合わせです。(シチリア菓子は残念ながらどれも美味しくなかった。やはりドルチェも土地のものが一番。)

 そのあとは、お待ちかね大プレゼント交換会です。衣類をプレゼントしているのがほとんどかな。レオネ婦人には食器のセットを娘さんがプレゼントしていたようです。
 心温まる風景です。幾つになってもプレゼントはうれしいものですね。

 d0033983_344208.jpgこのフェスタの様子を熱心にカメラに収めていたのはもちろんbutako・・・いいえ、実はカレムだったのです。彼は日本人以上に写真マニアです。始終『EXCELLENTO!(最高っ!)』といいながらシャッターを切り続けていました。おもろいオーストラリア人。
 素敵な思い出をいつまでも忘れないために、写真に留めておくのだそう。
実際、今年のクリスマスは写真にも記憶にも残る楽しいクリスマスでした。

                                              butako


              
[PR]
by butako170 | 2005-12-31 03:56
<< クリスマスミサ イヴの日の過ごしかた >>