雪のラヴェルナ山
d0033983_6432461.jpg

山を登ると、そこは雪国だった…。
ほんの3週間ほど前。4月なのに雪だなんて!

4月5日(日)のイースターの日、お客様とカゼンティーノ地方に宿泊し、その日の午前中はアレッツォのアンティーク市を楽しみました。

昼食はどのレストランに入っても、イースターのプランツォーネ(大昼食会)で、きっと時間を取られるに違いない、と思い、ランチも取らずにアレッツォからラヴェルナ山へ向かいました。

土曜日の雨も奇跡的に上がり、やっぱりイースターだから神様の恩情かしらネ、などと言いながら、カゼンティーノの山奥へ車を走らせて行くと…。

季節は逆戻り。
横殴りの雪です。

そもそもなぜラヴェルナ山を選んだかというと、かの聖フランチェスコに奇跡が起こった大事な聖地だから、これは見ておこう、というbutakoの独断でした。
彼の眠るアッシジを訪れる人は多いですが、交通の便の悪いこの聖地まで、わざわざ訪れる人は少ないでしょう。
d0033983_6434955.jpg

(写真:ジョットが描いた『聖痕を受けるフランチェスコ』アッシジ大聖堂 wikipediaより)

その奇跡とはこういうものでした。

フランチェスコは、その死の2年前(1224年)、普段から瞑想の場として慣れ親しんだラ・ベルナ山を訪れました。そこでイエスの苦しみを味わおうと、イエスもかつて行った40日の断食を行っていたところ、6枚の羽を持つ天使セラフィム(日本語では熾天使:してんし)が現れ、フランチェスコの両手、両足に聖痕(せいこん)を授けたそう。
この聖痕とは、イエス・キリストが十字架に磔(はりつけ)にされた際、打たれた釘の痕のこと。

このフランチェスコの奇跡にちなんで、ここは聖なる場所として、巡礼者が絶えない場所となったのです。1500年代には3万人も収容できる施設が、山の周辺にできたといいます。
こんなに来るのが困難な場所なのに、彼の根強い人気がうかがい知れますね。

ちなみに、セラフィムが聖痕を授けているとき、金色のビームが出て、それがフランチェスコの肢体に焦点していますが、この表現を初めてしたのがジョットなんですって。
その後、このテーマの聖画が描かれる時は、このビームはお約束の表現になったそう。

それでは中に入ってみましょう。
雪が激しかったので、あまり写真はないです。
d0033983_6454818.jpg


結構大きな食堂や、休憩所を通り、
d0033983_6464812.jpg


ややすぼまった通路(一部岩壁になっている)を通り抜けると

教会や礼拝堂群がありました。

d0033983_64866.jpg


ちょうどイースターの礼拝を行っている最中で、聖職者や信者が鈴なりになって、

d0033983_64947100.jpg


フランチェスコが聖痕を受けた小礼拝堂へと集っていました。(後から追いかける私たち)
d0033983_6523569.jpg

ここの礼拝堂やロッジャ(屋根のある廊下)には、ルカ・デッラ・ロッビアの作品がたくさんあります。
これを目当てにやってくるロッビア・マニアもいるくらい。

ちなみに聖痕を受けた場所には、キャンドルが灯されています。
こういう演出、イタリアって多いですよね。

ミサも終わり、先ほどの教会前の広場へ行きます。
d0033983_6551547.jpg


なんて寒々しいんでしょう。
d0033983_6555299.jpg


下界はどんな感じだろう。
d0033983_6562699.jpg

ほら、分かりますか?
雪雲が切れていて、その下は雪など降ってはいません。
寒いのはここだけなんですねー。

カゼンティーノ地方は春の訪れが遅いと言いますが、ここに来て納得しました。
ちなみにフランチェスコが40日の断食を行ったのは8月のこと。
それじゃあ、避暑地なみに涼しかったに違いない。
空腹と喉の渇きに、暑さじゃ、いくらフランチェスコでも、参っちゃうものね。

聖なる地を大事にする信者さんたちの様子を見れて、感慨深いものがありました。

小さき者として神に仕える…一切の所有物を捨てて、神に従ったフランチェスコ。
その姿に、当時の法王も、腐敗した教会を建て直すのはフランチェスコだ…と思ったそう。そんな自らをもっとも低くして仕えた聖人を、多くのイタリア人は心の拠り所にし、慕っています。

皆、欲を捨てて、フランチェスコみたいになれたらどんなに素晴らしいか…。
でもそれは難しいですよねぇ。
だから欲深い私たちにとって、フランチェスコは眩しい存在なのかもしれませんネ。

butako170

*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2015-04-29 06:35 | 修道院
<< 東京のフリーペーパー『メトロミ... アレッツォの骨董市 >>