モンテファルコのワイナリー Cantina Romanelli1
モンテファルコ村から東へ500mほどの位置にある家族経営のカンティーナCantina Romanelli(カンティーナ・ロマネッリ)。
d0033983_6343552.jpg

ワインのバイヤーを行っている友人ロベルトが、連れて来てくれました。

畑の手前には、オリーブ林が広がっており、とっても見晴らしがいい!
アッシジの町がバッチリ見えるロケーション。
d0033983_6345774.jpg


まずはオリーブの木の説明をここのご主人デーヴィスから受けました。
d0033983_632821.jpg

オリーブ農家でもあるロマネッリ家は、この地域にはないサン・フェリーチェという品種も植えています。
モライオーロとレッチーノ、それぞれの木の見分け方を教えてくれました。
そう、彼は農学博士でもあります。

こちらは大樽を利用して作ったベンチ。
ナイスアイデア!
d0033983_6363519.jpg


ふと、送電線の上を指差して
「みてごらん、あの巣箱は鷹のものだよ」と言うではありませんか。
モンテファルコ(鷹の山)という町の名前ですもの。
d0033983_6352355.jpg

鷹が住んでいてもおかしくはないのですが、まさか送電線の脚に巣箱を置くなんて、すごい発想。
ちなみにビデオカメラを取り付けてあって、春〜秋まではウェブカムでサイトからその様子が見れるんですって。

そして丘に並ぶ見事なブドウ畑。
d0033983_6354991.jpg

1978年に農園としてブドウの栽培をはじめ、2007年にワインを作り始めました。
そのためブドウは樹齢が20年以上経っているものもあります。

南向きの畑。
土の成分は粘土質と石灰質が混ざっています。
「ここから西に向かって、坂になっているんだけど、古い層が新しい層に飲み込まれて、隆起しているんだ。だからこっちからは、は粘土質と泥になっていて、パッシート(陰干し)用のサグランティーノを植えてるんだよ」。

そして東側は砂質でサンジョベーゼに適しているんだ。

なるほど土質によってブドウの味が変わるのは知っていたけど、こうしてきちんと説明を受けると納得しますね。
d0033983_637862.jpg

ここにも巣箱があって、害虫を食べる小鳥を飼っています。
ブドウの畝をまたいだ通路部分は、雑草を生やしている列が1列、そうでない列が1列と交互になっていて、これも土地のバクテリアを増やしたり、土地の水分調節をするのに役立っています。

ロマネッリの畑にはいろんな工夫がいっぱい。
自然を知りつつそれを最大限に生かし、農薬を使わないのが彼らのやり方なのです。
d0033983_6373581.jpg

さて、いよいよ試飲の時間です。
                       >>>次回に続く

*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2015-03-22 07:37 | ワイン
<< モンテファルコのワイナリー C... カンペッロ村のオリーブオイル工... >>