ペルージャの聖日サン・コスタンツォとトルコロ
1週間遅れのレポートになりますが、1月30日はペルージャの聖人コスタンツォの祭の日でした。
d0033983_804583.jpg

サン・コスタンツォはペルージャで初めての司祭であり、紀元170年、マルクス・アウレリウスの命により殉教します。

その聖人を祝うペルージャ人たち。
この日、欠かせないのがトルコロという名のドルチェです。
(写真は老舗バール"サンドロ"のショーウインドーに飾られるトルコロ。板絵が聖コスタンツォ)

トルコロは、発酵生地のなかに、アニスや柑橘類の砂糖漬け、干し葡萄、松の実などが入ったリッチなパン。大きなドーナツ型は、彼の死に方を示している(汗)。そして生地にちりばめられたオレンジやチェドロの砂糖漬けは、宝石を表しているそうです。

d0033983_8342594.jpg
さて、今日は正午には、ペルージャ歴史地区のヴァンヌッチ通りにて、街のお菓子屋さんが作ったトルコロが、市民に振る舞われます!!

私と友人T子さんが会場に到着したのは、11時50分。
なにやら木製のブースの回りにはすごい人だかりです。
人々が開幕を今か今かと待ちわびています。

そして12時。
開場しました。
d0033983_835526.jpg

15m四方の開場には、木のテーブルが向かい合わせに並んでいて、赤いテーブルクロスの上には、トルコロがいっぱい!!
Etrusca、Cerquiglini、Pasticceria Antica Perugia…テーブルの奥には、どのそしてどこのお菓子屋さんが提供しているかが明記しています。

しかしそれにかまっていられないほどのすごい人!
皆、置いてある紙ナプキンに、トルコロをいくつも取っては、それに包んでいます。
もう略奪戦です。
私もロベルトにも食べさせてあげたいので、1つ余分に頂きました。
d0033983_8355877.jpg

そして頬張る、頬張る!


おいしそうに食べてる皆を私も食べながら、カメラに納めていきました。


あ、ペルージャの料理学校Universita' dei saporiも参加していて、料理教室でお世話になった恩師もトルコロを必死で振る舞っていました。

(本当に大変です。ご苦労様です)

d0033983_8363634.jpg

そして会場の一角にはビンサントが配られています。



d0033983_8371331.jpg

ここではお世話になったAISの恩師やソムリエたちが働いていました。
後味すっきりのビンサント。
レーズンや砂糖漬けのほのかな甘みのあるトルコロと相性ばっちり。

いろんな店のトルコロを味わうと、面白いことに味の違いは歴然としています。
あるものはアニスの香りが高く、あるものは柑橘類の砂糖漬けの味が数種類入っており、とてもフルーティ。あるものは松の実とレーズンだけのシンプルなもの。
d0033983_8394618.jpg

また食感もバターが多くしっとりしているものから、みっちりと組織の詰まった生地まで様々です。

全部で15社ほどあったでしょうか。
これだけのトルコロをいっぺんに味わう機会は、そうありません。

この情報をくれて、市内まで案内してくれたT子さんに感謝です。
d0033983_8401411.jpg

さて、家に帰って、数日は朝食がトルコロ三昧になりました。
シュガーバターを塗って、それをオーブンでこんがり焼くと、これまた格別!
紅茶ミルクとよくあい、食べ過ぎてしまい危険です。

ロベルトは味の違い、あまり分からないって言っていました。ちゃんと味わってよ〜。

サン・コスタンツォの祭で、トルコロの違いとイタリア人の執念(がめついとも言いますが)を知ることができ、非常に有意義でした。
ペルージャのドルチェはなかなか面白いものがあります。

                           butako170

*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2015-02-07 08:28 | サグラ・祭り
<< 谷で一番美しい教会 Vallo... ローマ近郊で年中イチゴが楽しめ... >>