麗しの街SERRA DE’ CONTI
d0033983_6335588.jpg       10月22日(土)

 そういえば、butakoはまだポルチーニを食べたことがありません。去年、シエナに11月に行ったときは、もう時期が終わっていたのです。
なので、今年こそは・・・と思い、MARCHEの授業でお世話になった、MARCOのリストランテにお邪魔することにしました。

 d0033983_6501540.jpg
MARCOのリストランテ『COQUUS』はイエジから20KMばかり離れたSERRA DE' CONTIという名の山間の村です。人口3500人ほどの小さな街ですが、聖フランチェスコが修道院を建てた街でもあり、歴史を感じさせます。今は一部分しか形をとどめていない修道院ですが、現在でも16世紀に書かれた、落書きが残っていたりします。(今も昔も変わらない性癖ですね!)

 d0033983_6504562.jpg
 butakoたちはJESIからバスでやってきましたが、あいにくMARCOのリストランテはさらに街から2KMほど離れています。
そして、我らがマエストロ・ジャンフランコ氏はこの街の住人。早速電話をかけて、HELPを要請。この街の中心地まで来てくれました。

 そして、しばしマエストロに街を案内してもらい、その美しくかわいらしい街並みを、くまなく案内してもらいました。狭い迷路のような路地は、レンガで敷かれており、人々の生活の温もりが感じられました。

 そして、MARCOのリストランテに到着。MARCO自らお出迎えです。
そして、夢のようなひと時が訪れました。
なにせ、FUNGHI(きのこ)・FUNGHI・FUNGHIづくしです。

 

d0033983_637057.jpg
 一皿目はアンティパストで、フレッシュきのこのサラダです。とりたてキノコ満載の一品。もちろんポルチーニです。生のポルチーニの香りがとてもいい。歯ごたえも適度にあり、鼻も舌も満足の一品です。


d0033983_6381792.jpg
 そして、次はブルスケッタ2種。一つ目はポルチーニのソテーがのっています。そして二つ目は、ポルチーニと鶉の目玉焼きがのせられていました。どちらもとてもおいしい。目玉焼きとの相性もバッチリで、ご機嫌な一皿です。

d0033983_639143.jpg
 そして、フンギのフリット。サクッとした歯ごたえの後は、キノコの香りが漂います。衣が軽いので、いくらでもいただけます。
 そして、プリマピアットは、フンギのpasutaです。

d0033983_6395671.jpg
pasutaはTACONNIという豆を使ったもので、色はそば粉に似ていて、食感はもちっとしています。これがフンギのソースと絡まって、サイコー!

 d0033983_6405795.jpg
ちょっとお腹に余裕があったので、セコンドもいきますか。・・・ということで、各自注文。butakoはタリアータ アッラ マルキジャーナを注文。何のお肉だろうと思っていると、牛がやってきました。

 d0033983_6412025.jpg
あーもう食べられない!でも、あらドルチェが・・・ちょうど4種類あるじゃない。(4人で来ていたもので)これは1種類ずつ試さなきゃ。とのことで、ドルチェもいただきました。これが、どの皿も素敵。見た目に愛らしく、口に運ぶともう、二口目が食べたくなる美味さ。あっという間の完食。

ということで、本当に最初から最後まで飽きの来ないコースでした。そしてなんとここは、ITAL.COOK.の卒業生の久美子さんがスタージしている先です。食後は厨房に入らせていただき、久美子さんにいろいろとお話を聞くことができました。久美子さんはこのリストランテのオープニングからスタージしてらっしゃるとか。(今年の4月からです)
彼女は、MARCHE州に興味を持っており、『将来日本で、マルケの味を伝えるリストランテを開きたい』とおっしゃっていました。
butako応援してます!大阪で開いたら、食べに行きますからね。

 そして、お会計。一体いくらになるのやら・・・と思っていると、4人で63€。(約8千円)おいおい、これじゃぁワインとセコンドの値段だけじゃないの。MARCOは出血大サービスで、butakoたちをもてなしてくれたのでした。ほんとうにありがとうございました。また、今度行くときも、よろしくおねがいしますね。

                             butako

                            
[PR]
by butako170 | 2005-10-30 05:25 | 料理修行 はじめの一歩
<< シチリア料理に恋しちゃった! JESIのお店 >>