スペルト小麦祭 @モンテレオーネ その1
サイト作成の忙しい合間にも、ちゃっかり出かけてます。
d0033983_7265381.jpg

今週の日曜日は、ネリーナ谷の一角にあるMonteleone di Spoletoのスペルト小麦のお祭りに出かけました。こんな景色を見ながら車で走ること40分。

(ロベルトは必死に絵を描いているので、1人で行きました。現在19枚まで描けてます。あと5枚。ガンバレ!!)

2月に東京でGI製品(EUの農作物などに保護のためつけられた認証品)の話をするので、何かネタはないかなぁ、と探していました。そんなときに、スポレートから40km離れたモンテレオーネ・ディ・スポレート村で、DOP(原産地呼称)のスペルト小麦の祭をすると聞いたので、行ってきました。
d0033983_7262931.jpg

人口およそ650人、標高978mの山間の小さな村。
こんなに小さな村なのに、DOP認定品を申請しているなんて、ちょっと驚き。
でも小さい村だから・・・なんて偏見ですよね。

ここは以前、谷一番美味しいチーズを作る農家がいるとジャンニに連れてきてもらった場所。
その時は雪景色でしたね。
この村のスペルト小麦が認定されたのは、2年前だそう。
d0033983_7282678.jpg

村に入る城門の前にも出店が出ています。
d0033983_7285660.jpg

(パスタを乾かすためのネットつきの枠が売られていました。欲しい、でも使うかな?)
街中には、目抜き通りのわずか200mほどの場所に、テントが10軒ほど。
少なすぎて、ずっこけてしまいましたが、まぁ、山間の村の祭だからこんなものかな?

城門入ってすぐの出店。
d0033983_7292738.jpg

この村でファッロを作っているパトリッツィさんのお店Dolci Giuseppinaには、背の高いスペルト小麦の穂が展示してありました。
120cmはあるでしょうか。

d0033983_7295152.jpg
現在の麦は改良して、背が低くなっていますが、スペルト小麦は古代小麦とも言われています。
なんとモンテレオーネでは、"Tomba della biga"という紀元前6世紀のエトルリア人の墓が発見され、そこにはスペルト小麦も備えられていたそうです。
その後、中世では主食となるほど活躍した穀類なんですって。

村に着いたばかりで、まだよく分かっていない私は、パトリッツィさんにいくつか質問を。
そもそもモンテレオーネのスペルト小麦は、他の地域のものと何が違うのか?

d0033983_7304188.jpg
色が違うんじゃよ。
他のスペルト小麦はもう少し薄い黄金色だけど、ここのは少しくすんだ色。
ためしにこの小麦を他の場所で植え替えても、薄い色に戻ってしまうんじゃ。
だからここの土地質が関係あるんだ。

なるほど~。
ここのスペルト小麦には、4つの異なる加工の仕方があるそうです。
Farro integrale・・・全粒
Farro semiperlato・・・一部精製
Farro spezziato・・・粉砕
Semolino di farro・・・スペルト小麦のセモリナ粉
*farroはスペルト小麦のことです。

全粒や一部精製は、茹でてサラダやリゾットにするのがおすすめ。
粉砕はスープに。セモリナ加工は、パンやクッキーに混ぜるといいですね。

いろいろお勉強になります。
d0033983_732484.jpg

別のブースでは、ポン菓子のようになったファッロが売っていました。
チョコレートコーティングしたもの、香ばしかったけど、チョコの味がちょっと強すぎ?
このスペルト小麦で作ったサラダを、あるトラットリアで食べたけど、軽くて面白かった~。

別のブースにて。後ろに張ってあるポスターに目が留まります。
d0033983_7323188.jpg

このおじいさんは、この女性の祖父で、スペルト小麦に情熱を傾けていた農家でした。
顔のしわが、風雪にさらされながら畑仕事をしている様子を物語っています。
「でも、2年前になくなっちゃって」
話をするだけで、お孫さんは今にも泣きそう。
おじいちゃん子だったのかなー。

この村出身のチヴィタ・ディ・カッシャに住むジェルトゥルーデも出店していました。
d0033983_7325413.jpg

2日前、東京のパンダさん(仮名)からクリスマスカードが届いて、感激していたの!
料理教室では、今まで知らなかったサフランの可能性を知れて目から鱗だって、書いてあって、とってもうれしかったわ~。
彼女に宜しく伝えてね。

とのことです。
パンダさん、ブログで失礼しますが、宜しくと言っておりました。
(メールでお伝えできずスミマセン)
d0033983_7331762.jpg

そして広場では、待ちに待ったスペルト小麦の試食です!!
気になるお味は、次回に書きます~。

                                    butako

d0033983_5295253.jpg来年1月9日~2月17日まで日本に帰国予定です!

ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)







*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-12-13 07:09 | プレシディオ・食材
<< スペルト小麦祭 @モンテレオー... ただいま、お仕事サイト作成中★ >>