マテーラで是非行きたい洞窟教会
最近、家の片づけを始めました。
モノは放っておくと増えるもの。
特に本は、仕事がら、出張に行っては買ったり貰ったりで、居間のほとんどを占拠しています。

片付けていると、マテーラの洞窟教会のパンフレットが。
d0033983_2229646.jpg

現地で初めて見た時、自然光のほの明かりに浮かび上がるフレスコ画に戦慄を覚えてしまいました。
ここには2012年5月初旬に、新潮社の『南イタリア 古寺巡礼 シチリア→ナポリ』の取材で訪れたのでした。

片付けですが、パンフレットは基本全捨て(byときめきの片付け術)という掟なので、捨てれないものはスキャンすることに。
捨てる代わりに、ブログにアップして、備忘録にしますネ。

Cripta del Peccato Originale・・・原罪のクリプタ(地下礼拝堂)へは、マテーラ市内から車で10分。
d0033983_223719100.jpg

途中、農道や私有地を横切って、川辺近くの野原へ。
羊たちが優雅に草を食んでいたりして・・・こんなところに教会なんてあるのかしら?と思いながら、現地の方の案内に従います。

そして、川に切り立つ切り立った岩肌の一部に入り口が。
d0033983_22374020.jpg

件のクリプタへといざないます。
真っ暗な教会内に明かりが点り、フレスコ画が浮かび上がります。
漆喰の白をバックに、赤い転々とした野の花が描かれていて、たくさんの聖人と聖書の場面が描かれています。
(発見者たちは、地元の農民の言う"fotografia dei centi santi"の言葉を手がかりに教会を探し当てたそうです。)

「写真を撮るにはもっと明かりがあったほうがいいでしょうから、こちらの大きな扉も開けましょう」
親切に案内の方が、扉(非常用?)を明けてくれたので、洞窟内がぱっと明るくなって、細部まで見渡せるようになりました。

9世紀に描かれた作者不詳の絵ですが、赤い花が効果的に描かれていることから「マテーラの花の画家」と通称されています。
d0033983_22394494.jpg

私がもっとも好きなのは、聖母子とそれを祝福する聖人達。
大胆な濃い青色で描かれた線が力強く、聖母は高貴で美しくて、それを花が優しく囲みます。

アダムとエヴァ創造の場面は、狂ったように咲き乱れるお花畑のなかで、神様によってアダムの胴体が分裂して、エヴァが誕生する場面が面白いですね。
d0033983_2240810.jpg

他にもLuce(光)が万歳をして喜びを表している場面、南国の木があったりして・・・。
d0033983_22402859.jpg

詳しい説明は、是非『古寺巡礼』をご覧下さい。

ちなみにこの赤い花はCisto rossoと言い、私たちが訪れたこの時期にも、野原に咲き乱れていました。
d0033983_22364789.jpg

ただし花の色は薄いピンク。
案内の方によると、Cistoにはたくさんの種類があり、花の色がそれぞれ違うのだそう。
洞窟内に咲き乱れるこのモチーフは、ここを運営する協会のシンボルマークになっています。
CistoはCistaceaeの仲間で、日本語ではハンニチバナと言います。

この教会のあるアッピア旧街道沿いには、かつてはいくつもの洞窟教会があったそうです。
ロンゴバルディの文化が感じられる画風、ビザンチン文字・・・これらの手がかりから、6-8世紀イタリア半島の1/3を支配していたロンゴバルディのベネヴェント公国の影響下にあるベネディクト派の修道士によって、描かれたのであろうということでした。

この原罪地下教会は、1963年にマテーラの調査団により見つけられ、近年、基金が設立されて、やっとの思いで修復された教会です。
運営もボランティアで行われていたと思いますが、市民の想いが詰まった教会なのです。

マテーラに観光へ行かれた際は、サッシだけでなく、是非、こちらまで足を伸ばしてみてくださいね。

Cripta del Peccato Originale (ペッカート・オリジナーレ地下礼拝堂)

butako
**********************************************************
d0033983_5295253.jpg来年1月9日~2月17日まで日本に帰国予定です!

ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-11-24 07:47 | イタリア古寺巡礼
<< ふっくらジャガイモ入りドーナツ... 汁まで美味!イワシのバルサミコ醤油煮 >>