Rasiglia(ラシッリャ)村の住人たち
d0033983_16413975.jpg

今年の春先から、幾度となく友人やお客様と訪れているラシッリャ村ですが、現在は50人足らずの住人がいます。

1秒間に300Lの湧水が流れるこの村の美しさは、実際に行ってみないとなかなか伝わらないかも知れません。
清らかな水がすごい水流でもって町中を潤しています。
d0033983_16454959.jpg

すすむ過疎化と97年の地震で、村がすっかり寂れてしまいましたが、少しずつ村人たちによって直されてきています。

行く度に少しずつ綺麗になっていく村。
ラシッリャの村祭の様子はこちらから。

今回行った際は、長い間水量を制限されていた貯水槽(槽といっても砂利のあるお堀みたいなもの)が、開放され、豊かな水で溢れかえっていました。
d0033983_16462261.jpg

1ヶ月前行った時はこうだったのが
d0033983_16465559.jpg

現在は、補修が終わり、満タンに。
d0033983_16473255.jpg

それを上から見たところ。

村人ともなじみになってきています。
村の発展のためのアソシエーションの長ミレーナさん。
d0033983_1648738.jpg

料理大好き、フォリアータの達人リゲッタさん。
(ミレーナさんは姪っ子です)
行く度に大歓迎してくれます。

そして、村に伝わる機織の技術をマスターし、作品を作り続けるパオラさん。
今回はご自宅までお邪魔して、彼女の作品を見せてくれました。
d0033983_16482912.jpg

友人はランチョンマットをお買い上げ~。

d0033983_16484846.jpg

機織機に糸を取り付けるだけで、3時間もかかってしまんですって!
技術と時間を要する職人の技ですね。

水辺には、いつも誰かしらが食卓用のお水をボトルに入れています。
湧水のお味は、やや硬水でサッパリしている感じでしょうか。
このご婦人は、ミレーナのお母さん。
d0033983_16491650.jpg

「昼食用のお水を汲んでいるのよ~」とカメラ目線してくれました。

そして、元気印のシニョーラ(名前を失念)。
彼女は庭の花木にあげる水を汲みに来ていました。
d0033983_16515197.jpg

「雨でも水をあげてるのよ」と呆れ顔で言うミレーナ。
「習慣だからしょうがないんだよ~」なんて掛け合いも。
おっと坂の上から旦那さんが。
d0033983_16524761.jpg

旦那さんと仲良しの様子で、見ていてほほえましいです。
d0033983_16531429.jpg

カメラは苦手よ~と言いながら、でも撮らせて頂きました。
d0033983_16533286.jpg


今からフォリーニョに向う、と言って、二人乗りの三輪車apeに乗って、笑顔で去っていきました。
素敵なご夫婦。
d0033983_16535195.jpg

私もあんなふうに年を取っていきたいなぁ。

今週末は、リゲッタさんの自慢のフォリアータを頂きに、再訪します。
うわさの味、とっても楽しみです。
d0033983_16542061.jpg

人懐っこいワンちゃん。
人を見たら誰かれかまわず、足元にじゃれついて来ました。


                           BUTAKO

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。

現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-10-24 16:57 | ウンブリア地元ネタ
<< ロベルトが施工するシャッターや... 平和の街アッシジ 1日周遊 >>