サグランティーノの祭 @モンテファルコ 2013年 
d0033983_18353280.jpg

今年もこの時期がやってきました。
ヴェンデミア~ブドウの収穫祭です!

わが町スポレートの隣にあるモンテファルコは、ウンブリアを代表するフルボディの赤“サグランティーノ”の産地です。
d0033983_18393451.jpg

毎年第3週目の週末は、モンテファルコの町でワイン祭が行われます。
先週から風邪を引いてしまった私は、ワイン祭に行こうかどうか、かなーり迷っていたのですが、日曜日の午後は、今年の新ワインを早くも振舞う催しが開催されるので、それに間に合うように出かけました。
d0033983_18364076.jpg

モンテファルコは、人口わずか2000人ばかりのこじんまりとした街。

城壁内は13世紀の町並みが広がり、非常に落ち着いていますが、今日は、かつての農民の衣装を着た女の子たちが大はしゃぎで、歌を歌ったりして、すっかり祭ムードです。
『ウンブリアの手すり』と言われるこの町は眺めがいいので有名。
d0033983_1836122.jpg

標高およそ470mあり、ウンブリアの谷のなかでも一番高い丘にある町です。遠くに見える街はアッシジですよ。

秋晴れで非常に気持ちの良い気候でした。
ピアッツァには、トラクターに引かれた山車がたくさん来ています。すごい人の熱気です!!
d0033983_183719100.jpg

山車の上からは、一昔前の農民の衣装を着た農家さんが、気前よく食べ物を振舞ってくれています。
d0033983_184437100.jpg

自家製のサラミやポルケッタ、コッパなどが、スライスした塩なしパンの上に載せられて、山車の上から渡してくれるのです。
なんとこのオジサンの切っているコッパの大きいこと!!
d0033983_18374639.jpg

自家製ですね。 コッパは、豚の顔肉や耳、軟骨などをトロトロに煮込み、固めます。ゼラチン質たっぷり。オレンジの皮を刻んで入れるので、清涼感もたまりません。
d0033983_18381172.jpg

私がここぞとばかりに写真を撮っていると、なんと「コッパのパニーノ、ダブルだよ」とオジサン大盤振る舞い!!うれしいじゃ、ありませんか。

コッパをゲットした後は、ワインです。
d0033983_1839515.jpg

ワインは別のオジサンが樽からプラスチックのコップに注いでくれています。
サンジョベーゼをベースに、サグランティーノも少し混じっているいわゆるRosso di Montefalcoのノヴェッロでした。

サグランティーノ独特の甘草やベリーの味が楽しめて、ご機嫌。熟成はしていないので、フレッシュな飲み口でした。

そしてローマ時代の衣装をまとった美女たちが入れてくれたのが、サグランティーノのジェラート。タンニンの効果でしょうか。甘さサッパリしていていくらでも入りそう!
d0033983_184084.jpg

一口食べるごとに、ブドウの種がガリッと口で弾けて、面白いアクセント。ちょっとスキアッチャータに似た歯ざわりでした。
広間の真ん中には、民族衣装を着た若い男女が踊りを踊っています。
d0033983_18403890.jpg

みんな、本当に楽しそう~。
飲めや、騒げやのカオス状態です。

真昼間から大人たちがこんなに楽しげに酔っ払っているのって、本当に最高ですね。

家畜と触れ合える山車もあったりして、小さな子供たちが興味シンシンで覗き込んでいました。
d0033983_18414069.jpg

せっかく来たので(調子が悪いのに)、ワイナリーのワインが味見できる会場にも行きました。
d0033983_18411362.jpg

ここは、ワイングラスを入り口で購入すると、味見し放題なのですが、今日は挨拶だけしに中に入りました。

(グラスの代金ですが、今年は7ユーロでした)
ここも、さすがに日曜の午後ともなれば、満員御礼。

イタリアでも1本35ユーロ以上する高級ワイン『サグランティーノ』を、作り手ごとに味見できるのですから、これはまたとないチャンスです。
ソムリエの友人がすすめてくれた新手のカンティーナがとても美味しいというので、そちらだけ味見させてもらいました。

d0033983_1842679.jpgTenuta Bellafonte Montefalco Sagrantino 2008年

非常にユニークな香り 複雑でエレガントで、ふぅーっと深呼吸すると、その素敵な香りが持続してとても幸せな気分になります。

モーレ(ブラックベリー)、赤い花、なめし皮、セメダイン、杜松の実のような香りが混合されていて、味は攻撃的なタンニンの渋みもなく、まろやかです。

スラヴォニア産の樽に36ヶ月も熟成されているだけあり、気品があふれるサグランティーノの仕上がっていました。

寒い日に、イノシシの煮込みと頂いても良いと思います。

このカンティーナは、なんとまだ新しくて2008年からのヴィンテージからしかなく、サグランティーノだけしか作っていないそうです。良いカンティーナを教えてもらいました。
イタリア人の毎日の食卓に欠かせないワイン。

d0033983_18423953.jpg

モンテファルコのワインは、ちょっと特別な日のために開けたいワインです!ローマに来る機会がありましたら、是非、モンテファルコまで足を伸ばしてみてくださいね。

素敵なワインにめぐり合えると思いますよ。
d0033983_1843219.jpg
butako









*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。

予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-09-30 18:43 | サグラ・祭り
<< スポレートで好きなレストラン ... マルケの懐 ~ナタリーノのワイン~ >>