友人と1週間 予想外のFrascatiフラスカーティ
お久しぶりです。
先週は、宇都宮時代にお世話になった方Eさんが、お母さんと姪っ子さんを連れてウンブリアに来ていました。その旅のお供をしていて、すっかりヴァカンス気分でした~!

さて、26日の13時過ぎ、ローマの空港まで迎えに行き、空港で借りたレンタカーで皆さんをサクッとスポレートまで行く予定だったのですが、Eさんたちのスーツケースがなんと、乗り継ぎの際に運ばれてこなかったみたい!
海外旅行の多いEさんの人生で“初めてのロスト・バゲッジ”を経験することに、なっちまいました。

そしてスーツケースが空港に届くのが21時だそうで、それまで待とうということになりましたが、15時から21時までの6時間、急に暇になってしまいました。。。

「じゃあ、ローマ郊外にでも行ってみますか?」と提案したものの、私の知っているローマ郊外なんて、カラカラ帝の大浴場とFrascatiフラスカーティくらい。(しかもどちらも行ったことがない!?)
こんな時に限って、自宅から持ってくるカーナビを忘れてしまい、もう、行き当たりばったりで、レンタカーを出発させてしまいました。(汗)

レンタカーのお兄さんが教えてくれた通り車を走らせた結果・・・
ありました!カラカラ帝の大浴場!!!!!
しかーし、月曜日は定休日。ショック!
d0033983_23105289.jpg

そこで外観だけ写真を撮って、フラスカーティへ向かうことにしました。

自転車に乗っている人に、車を降りて、行き方を聞きます。
20kmほど進み、アルバーノなどの知った名前が出てきたところで、心細くなり、信号待ちの際、隣にいたバイクのお兄ちゃんに情報確認。(あとでアルバーノの丘一帯の街の一つがフラスカーティであることを知ります。ナイスなタイミングで情報をゲットできました。)

無事に町へ着くことが出来ました。

d0033983_23112763.jpg

butakoがなぜフラスカーティを知っていたかというと、白ワインが有名だから。
昔から大都市ローマへワインを供給する一大産地だったのです。
また以前、知り合いから「フラスカーティは素敵な街。3つおっぱいがあるビスケットがあるよ」などと教えてもらっていたので、思い出したのでした。(今回はおっぱいビスケットは探せず)
d0033983_23124968.jpg

しかしどうして、知人の言葉通り、素敵な町でした。
夏の終わりで、まだバカンスシーズン真っ盛りって感じです。
d0033983_2313173.jpg

月曜日にも関わらず、たくさん人が外にでていて、屋台のメルカートを物色したり、夕涼みをしています。

丘に建つ街で、標高が320mと高めで、眼下にはローマの街が見えるはずなのですが、スモッグがかかっていて霞んでいました。

d0033983_2313559.jpg

もう19時なので、軽くアペリティーボだけして、空港へ向かいましょう。

d0033983_2316402.jpg

街の中心に位置するサン・ピエトロ・アポストリ大聖堂Cattedrale di San Pietro Apostoloで、16世紀後半、ローマ法王クレメンテ8世Clemente VIIIの命により建設されました。バロックの絢爛豪華なファサードですね。

その前の広場のベンチでは、老人たちを中心に皆さん談笑しています。
まぁ、賑やかで楽しそうなこと。
そのうちの1人のおじいさんに、アペリティーボするならどこの店が良い?
と聞くと、Grapporo d'oroというオステリアが良いと教えてくれました。

教会から徒歩2分。
d0033983_23173429.jpg

こんなに素敵な場所!
いかにも地元のオステリアで、楽しい予感がしてきました。

もちろん野外のテーブルに着席。
d0033983_23183760.jpg

食事前のアペリティーボだというのに、結局たくさん頼んでしまい、店のオバサンに笑われてしまいました。

こちらがフラスカーティです!
d0033983_23181176.jpg

冷たく冷えていて、デキャンタが汗をかいています。

ブドウ品種はマルバジアとトレビアーノ・ロマーノで出来ているすっきり辛口ワインでございます。
マルバジアが入っているため、少し甘みも若干の香りもあります。
好きです、この味。
なんでもワインはここのオステリアで作っている自家製ワインだそう。
d0033983_2319994.jpg

オレガノとタカノツメで味付けられたオリーブ。
豚の干し肉Coppiette、タカノツメとフェンネルの種で味付けされています。
そしてペコリーノ・ロマーノに蜂蜜を添えて。
ここでも名産、豚の丸焼きポルケッタを一皿。

これぞオステリア!
ロスト・バゲッジのおかげで素敵な思い出が出来たわね~♪なんて喜びながらお会計をお願いすると、サービスでビスケットとまたワインをくれました。
こうやって食べるのよ、と新しいグラスにワインを注いで、そこにビスケットをドップリと浸けてサービスしてくれたので、一同びっくり。

d0033983_23194097.jpg

ウンブリアやトスカーナではビンサントやパッシートにビスケットを浸けて食べるけど、ここはフラスカーティに浸けるのですね。
ビスケットは鳩サブレみたいに、さっくり・さっぱりとしたシンプルな固焼きでした。

食中も食後も楽しめる楽しい食習慣です。
甘いものが苦手なEさんとお母さんもこれには、大喜びでした。
d0033983_2320689.jpg

街を後にする頃には、日も暮れてしまいました。
1時間ちょっとの滞在でしたが、十分楽しめましたね。
それから21時に無事にスーツケースを引き取り、スポレートの宿に着いた時は23時を回っていました。

以前から行きたかったフラスカーティに予期せずに行けたことは、ラッキーだったのかもね。

                           butako
*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。

9月20日~22日 日帰りで行くモンテファルコ村の収穫祭 Settimana Enologicaで、銘酒サグランティーノを平行試飲放題!!

予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-09-01 22:51 | 旅行記
<< スポレートのお城にて ビール日和 夏はウナギ! イタリアのウナギ料理 >>