イタリアのプレーボーイたち(?)
     8月15日(月)

今日は、イタリアの祝日『FELAGOSTO(フェルアゴースト)』です。トニーノたちと海へ出かけました。祝日だったので、ビーチは人・人・人だらけ。でも今日は波が高く、海には木片や海藻が浮いていて、今ひとつでした。
この時期は、フェルアゴーストを挟んで休暇をとる人が多く、日本のお盆休みと時期が重なります。TVやラジオのニュースで渋滞情報を聞くと『日本の帰省ラッシュ』と似ているなーと思います。
d0033983_1647199.jpg

 さて、本日は、イタリアのプレイボーイたちを紹介します。
いつも休日海に行くメンバーです。
d0033983_16471218.jpg

          (左から トニーノ、ステファノ、シロ、ジャンニ)
 どうです。なかなかの男前揃いでしょう?
 もともとYURIさんとトニーノが友達同士でした。 butakoがYURIさんにくっついて遊びに行ったのをきっかけに、仲良くなりました。トニーノはみんなから『マエストロ(先生)』と呼ばれていて(冗談でですが)、グループの中心的存在です。みんな30代半ば独身で、税理士だったり、建築家だったり美容師だったりします。どの人も話好きで、おもしろくて本当に親切です。
d0033983_16472293.jpg 
 なかでもトニーノは、YURIさんが帰国した後も、なにかとbutakoの世話を焼いてくれ(送迎をしてくれたり)ました。このホスピタリティーはどこから来るんだろう?と感心するほどです。
 butakoのお気に入りはシロでした。(左の写真)この渋さがたまらん!しかし、この憧れは成就することなく、butakoの滞在中、他に彼女が出来てしまいました。残念!
このメンバーに自分の友人を連れてきたりして、常に仲間の輪はにぎやか。陽気なイタリア人です。
彼らのおかげで、butakoの週末は楽しいものになっています。いつかトニーノとイタリア語で語り合いたいものです。それを目指してFORZA!(頑張るぞ!)

                                             butako
[PR]
by butako170 | 2005-08-25 16:45 | ビーチ(海)
<< あさって帰国です。 CHIZURUとの別れ >>