モンテファルコのワイン祭り 
d0033983_6213356.jpg

年に一度、どうしても出かけたい地元のワイン祭りといえば、Enologica Montefalcoです。今年で33回を迎えるという息の長いイベントですね。
先週は金曜日まで降り続いた雨がウソみたいに、土曜、日曜は秋晴れでした。
私は土曜日に行ってきましたよ。

まず来週お迎えするウンブリアツアーのお客様ための打ち合わせをルチャーナ宅で。
モンテファルコはウンブラの谷でも一番標高が高い丘にあります。
d0033983_6234647.jpg

スポレートからの行き道には、プラタナスの並木道が1kmほど続き、黄色い葉っぱから秋を感じます。
d0033983_6251289.jpg

こんな風にいくつもなだらかな丘のアップダウンを繰り返します。途中には、サグランティーノの畑がお目見え。一粒実をもいで食べると、甘みが口に広がりました。
収穫までそんなに遠くありませんね。

d0033983_6243487.jpg
久々に会うルチャーナからは、大歓迎を受け、お手製の白ワインとアニスのビスコッティをいただきました。

これからモンテファルコで試飲なので、カフェを断り「水で」と言っていたのですが、結局は彼女お手製のサグランティーノ・パッシートを頂きました。

甘みとタンニンのバランスがとれた、お手製のパッシートは最高です。
それにアニスのビスケットを浸しながら、食べるのがご当地流。
ん~まい!!

d0033983_625511.jpg

モンテファルコの会場に到着したのは、17時。
アゴスティーノ修道院だった所を改装した、街中にあるのに、とても静かな区画です。
会場の中は、かなりの人で込み合っていました。
5ユーロでワイングラスとグラスケースを買うと、さぁ、試飲の始まり。飲み放題ですよ~。

d0033983_6262331.jpg

たしか去年はグラス代が8ユーロだったので、値下げかなぁ。
でもその分グラスが小さくなって、かなり不満のbutakoさん。
国際規格のグラスなので、問題は無いのですが、樽熟成のタンニン炸裂のサグランティーノを飲むんですもの。
グラスは大きい方が良いと思うのですが。
でも8ユーロの大グラスを5ユーロの小グラスにして、値を下げて、なるべく多くの人に参加してもらいたいという心意気は、不況のご時勢、理解できないこともないですよね。

さて、色々と試飲した中で印象に残るものをピックアップ。
d0033983_626519.jpg
CastelBuono 2008 Montefalco Rosso  ★★
土日も開いているカンティーナなので、一度しっかり飲んでみたかった所。
サンジョベーゼ70%、サグラティーノ15%、カベルネとメルローが15%
エレガントな香が、飲む前から期待をそそる。チェリーの香、丁子などのスパイスなど。
口に含むと、酸味が高めでフレッシュ感がある。タンニンもほど良いが、もう少し甘み成分があっても良かったと思う。
樽(バリック及びトンノー225L~500L)で12ヶ月熟成しているという。
香がいいはずです。

d0033983_6271727.jpg
Colsanto Sagrantino2002 ★★★
上記カンティーナの隣にある。エントランスが糸杉の並木になっていて印象的な所で、場所は「ああ、あそこ」と知っていたのに言った事はなかったのです。

非常にバランスが取れていて、サグランティーノの刺々しいタンニンを微塵も感じない秀逸なワイン。2002年は残り150本しかないそう。貴重な1本でした。
香はチェリーや赤い実、タバコ、スパイス。
まろやかな味わいのなかに、タンニン、酸味、ミネラル、甘みなどがほどよくブレンドされています。ジビエのみならず、ステーキなどにも良いです。

d0033983_6273718.jpg

Milziade Antano Sagrantino Colleallodole(cru') 2008 ★★★
40年以上のブドウの実をセレクトして作った極上のワイン。ここのワインはタンニンが強い印象でしたが、コッレアッロドレは角が取れて、パンチは効いたままの良いワインでした。36ヶ月も樽熟成を行っています。

おなじみScaccia Diavoli
Montefalco Rosso 2008★★年はタンニンもほどよく、草の香やなめし皮などが入り混じって、用途が広いRossoです。ステーキから濃い目でベシャメルなどを使った野菜料理までカバーしそうな感じ。
Sagrantino2006は、セメダインやバニラの香りがして、タンニンも強すぎず、こちらも◎でした。
d0033983_6284694.jpg
Le Cimate Sagrantino 2008 ★★ は、いわゆるタンニンが強くマラスキーナチェリー香のあるサグランティーノの特徴を有しているのですが、でもタンニンが控えめな割には、長続きするという不思議な飲み口でした。

かれこれ10軒くらいを飲み比べしたでしょうか。
お客様を連れて行くことが多い、Moretti Omeroは味を知っているから試飲はパスです。
d0033983_6292322.jpg

知り合いのソムリエとも話が出来たし、十分満喫できました。

d0033983_6301963.jpg

日本であれば、これだけの作り手が終結しての酒の試飲会など、なかなか開催されません。
ましてやたっと5ユーロ(500円)で飲み放題なんて、お酒の有名な町でもありえないことでしょう。町おこしを願うのは日本も同様です。
モンテファルコのワイン祭りのように、日本の酒処でも盛大に振舞うことができたら、皆行くのではないでしょうか。

イタリアでは当たり前に行われるワインや物産祭り。
それを支える市町村。
ローマや遠方からでも、ワイン好きの人ってやってくるんですよね。

さてさて、今年は、ブドウの収穫を体験したいと密かに思うButako。
それがいよいよ実現することになりました~。
ああ、楽しみだな。

                         butako
*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
只今、ワイン、オリーブオイルなど秋~冬ならではのツアーを
企画しています★
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
9月13or14or15日 日帰りで行くモンテファルコ村の収穫祭 Settimana Enologicaで、銘酒サグランティーノを平行試飲放題!!

予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2012-09-16 19:41 | イタリアワイン
<< イタリアの老人ホームで食べられ... タマネギの季節 >>