週末の食事会
 8月6日(土)

 butakoの土曜日の夕方の予定は、決まっています。
ここのアパルタメントの1階に住む、老夫婦Leoneさんの奥さんと、教会にミサに行くのです。
午後7時から始まるこのミサには、特別な用事がない限り行くことにしています。
 そして、ここ最近はミサから帰って後、夕食に呼ばれることが、多くなってきました。

 今日も・・・ほら、お声がかかりました。「Mangiamo insieme?」(一緒に食べない?)と聞かれて、断る理由はありません。今日は、レオネさんのご主人(Carimelo:カリメロ)のお姉さん夫婦とその娘さんが来ています。このようにして、土曜の晩餐は、いつもだれかを呼んで大勢で食べるのが習慣のようです。夏場は、庭の葡萄棚の下で食べるのがもっぱらです。この葡萄棚がとても気持ちよくて、晩餐をより素敵な雰囲気に演出しています。

d0033983_4314419.jpg

 この日の食事は・・・Antipasto:ムール貝のボイル Primo:ムール貝のパスタ・お米のサラダ Secondo:ハムとチーズの盛り合わせ・・・でした。
 サラダはカリメロのお姉さんが作ってくれたもので、マヨネーズは自家製です。(さっぱりしててうまい!)

 そして、Dolce(デザート)の合間にいつも季節のフルーツの盛り合わせがでてきます。
といっても、バスケットに桃やら葡萄やらが無造作に置かれていて、各自好きなだけ取って食べるスタイルです。
サレント地方特有なのは、ここでキュウリがでてくることです。キュウリは、日本の太さのとは違って、かなりの極太(直径8cmくらいあります。)で、ナイフで皮をむいて食べます。味は、甘味のない瓜って感じで、日本のものと変わりません。Secondoの後の口直しには良いです。

 そしてDolceが登場。今晩のは、昨日誰かの誕生日だったらしく、その残りのデコレーションケーキでした。甘すぎずに美味い!

 ということで、みんな大いに食べ、大いにしゃべり、夜は更けていきます。大体夕食の開始が9時前後で、終わるのは深夜12時前でしょうか。本当にスローフードを地でいく国、イタリアです。
Bravissimo!!  
d0033983_4323841.jpg
     
                                                 butako             
[PR]
by butako170 | 2005-08-19 04:22 | プレシディオ・食材
<< ピッツィカ!!! 苦悩の毎日 >>