ICIGO日和
d0033983_22123613.jpg
行きつけの八百屋さんにも、コープさんにも、イチゴが出回る季節となりました。
赤くて元気になる色、甘酸っぱくて、ビタミンCも豊富・・・と目で見てよし、食べてよしの果実ですよね。

さてさて、今日の話題は、そのイチゴではなく、butakoのやっている文化交流会ICIGOが、にわかに充実してきました。

去年の秋にお話があった『幼稚園に折り紙を教えに行く』ことと、地震直後から思っていた『スポレート赤十字とコラボして、東日本大地震の募金を集める』活動が、来週、実現しそうです。

急にですね、いつも話がまとまるのって。
募金活動は前々から実現したかったので、よかった~。
微々たるものですが、少しでも被災地のお役に立てればな、と。
また地震を風化させないためにも大事だと思っています。

折り紙教室は、何を教えようかな、って。対象が2~5歳までなんで、あまり凝ったものはできませんよね。
紙に親しめる楽しいモノはないかな、ってただ今考え中。
たぶんイースターものにするかな。

そして、もう一つ検討中の6月中旬に行われるreferendum(レファレンダム:国民投票)です。
原子力発電所を今まで持たなかったイタリア。
原子力発電導入賛成か反対の是非を問う大事な投票です。
原発反対を掲げて、現在、ウンブリア州では機運が盛り上がってきていて、原発反対推進委員会が立ち上がりました。(イタリア全土に広がっているようです)
この運動にICIGOとして参加すべきか、ICIGOの中核メンバーに決を取る事にしました。

個人的には原発のない社会を実現したい、と願う一人です。
環境の汚染や事故のリスク、従事者の健康を著しく破壊する原発は、いらないですよね!
それと同時にエコ代替エネルギーなどの発展も考えなければならないですけれど。

取り留めのない話になっちゃいました。

                                                    butako
[PR]
by butako170 | 2011-04-05 21:53 | ウンブリア地元ネタ
<< ソムリエへの道とVinitaly 手打ちストランゴッツィ!! 野... >>