お金がなくても幸せ イタリア人の生活
d0033983_2325288.jpg 
以前、『イタリア人の家計簿』~お金がなくても生活できるイタリア人の不思議~というタイトルでの執筆を頼まれていたのですが、締め切りの8月末日が迫ってきたことから、そろそろまとめにはいっています。

お金がなくても生活できる・・・なんていうけど、たいたいイタリア人の年収ってどれくらいあるんでしょう。
なんと年収26000ユーロ(およそ351万円)以下の家庭が、全体の80%以上にのぼるそうです。

そのうちの42%は税金に持っていかれるので、年間14000ユーロで暮らしていかねばなりません。そんな寒いイタリア人の懐事情を知るにつけて、疑問がモクモク。
なぜなら けっして、彼らが生活苦や悲痛な切迫感を抱いて暮らしているようには見えないからです。

それにしても仮に3人家族だとして、年間14000ユーロってことは、月々1000ユーロちょっと(12万円)ほどで、どうやって生活しているんでしょうね。
不思議です。

たしかにbutakoの周りにいるイタリア人の一部は、お金をかけずに生活をしています。
自家菜園で野菜を収穫したり、トリュフを採ったり。フェスタの時はフルコースですが、普段はチーズとサラダだけの老人も多いですしね。
娯楽も市が提供している無料のものがたくさんあるし、オペラだって20ユーロもあればいい席で見れたりするんですよね。外食は、地元のサグラなどの屋台で済ます、もしくは外食を一切しない人もいるようです。

また『親のすねかじり率』も日本以上に高いとにらんでいます。40歳になっても、親から買ってもらった家に住み、お小遣いまでもらっている人が結構いるんですよ!

もう少し詳しいことを調べなくては評価できないですが、イタリア人は少ないお金で楽しく暮らしていることは、明らかです。

まずは、エンゲル係数だとか、家庭の消費の内訳だとか、自殺率とか。。。いろんな数字を見ながら、結論を出したいと思います~。これがbutakoのこの夏の宿題かな。

                                                   butako
[PR]
by butako170 | 2010-08-14 02:33 | その他
<< ステファノ・ディ・スタシオ氏の... 頂きモノの夏トリュフ >>