<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
大迫力!マルモレの滝 Cascata delle Marmore
d0033983_8533137.jpg

スポレートの隣町テルニは聖バレンタインで有名だけど、町が近代的過ぎてイマイチ見所はないよ・・・と説明していましたが、マルモレの滝(cascata delle Marmore)を紹介せずに今日まで来ていました。

スポレートに住んで8年ですが、マルモレの滝のなかに入ったのは今回が初めて。
滝の隣の国道を車で通るたびに、遠くからその雄姿がチラリと見れたので、すっかり満足していました。
しかし、実際、なかに入ってみるとその迫力に感動!
やっぱり行ってみるものですねぇ。
d0033983_846555.jpg

マルモレの滝は、古代ローマ時代の紀元前271年に、人工的に作られたもの。
その後、治水灌漑事業を何度も繰り返し、近年はその巨大な水力を利用し、発電に使われています。

どれだけ巨大なエネルギーかというと、3段に分かれた滝の総落差は165m。これはヨーロッパで一番なのだそう。
一番大きな落差は最上段の83mです。
滝は放水時間が決まっていて、その時間に合わせていきます。

d0033983_8463841.jpg

入り口入ってすぐの展望台からは、滝の下部がバッチリ見えます。
水しぶきがここまで飛んできて、すごい!

d0033983_8473558.jpg

さて、散策路をすすみましょう。
あちらこちらに小さい滝があって、水も道のすぐそばに流れています。
d0033983_848748.jpg

本当にすごい迫力。
水滴がかかるので、夏にもってこいのプログラムかも~。

こんな風に写真を撮っているご家族もいて、ほほえましい。
d0033983_8484549.jpg

最初は平坦な道でしたが、次第に上り坂が多くなってきます。
入り口から40分くらい経過して、ようやく頂上にたどり着きました!
ふぅ~、結構歩いた。
d0033983_8492244.jpg

滝(上部)がすごく近いです。

虹が二重になってて綺麗!
d0033983_8495194.jpg

ヴァルネリーナ渓谷が見渡せて美しい眺めです。

滝は、この渓谷を流れるネーラ川へと合流し、それがテヴェレ川へと合流します。
だからローマにもこの水、流れてるんですよ。

d0033983_8502612.jpg
さて、大迫力の滝のあとは、腹ごしらえ。
水に縁のあるカンペッロ村の淡水魚のトラットリアへ。
一緒に言ったKさんと楽しいランチと相成りました。

マルモレの滝の散策、とっても楽しかったですよ。
近くにロマネスクの教会San Pietro in Valleもあるし、半日強くらいで楽しめるアクティビティです。

マルモレの滝
入場料9€
放水時間はこちらをご覧下さい。


*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2014-03-22 08:41 | 報告
イタリアに帰って来ました
イタリアに帰って来て、やはりここに私の居場所があると思います。
きっと実家でないから自分のペースで仕事ができる…というのもあるのかもしれない。
でも目に飛び込んでくる風景が、どこも美しく、あれほど「日本が良かった」と滞在中は思っていたのに、ここに戻ってくると「やっぱりここでなきゃ」と改めてしまう。

スポレートの自然と中世の街並みは、私の意識下で、存在感を徐々に増しています。この町が好きだ、改めて思いました。
どこででも生きてゆける、住めば都主義で来ていたと思ってましたが、結構、そうじゃなかったのね〜。

でも、人生の設計図、いつ日本に住むことになるか分かりません。
その時は適度に自然があって適度に都会にも近くて、できれば日本家屋が多く残る地域に住みたいなぁ。
街並みは意外と大事だと思うこのごろ。
この3月末に、『スローシティ』をテーマにアテンドをするので、無意識に町のあり方について考えているのかも。

とりとめのない話を書いてしまいましたが、今週からイタリアなので、現地情報を再会していきたいと思います。
                         butako170
*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************

アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2014-03-05 15:21 | 報告