<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
中部イタリア最大級の農業フェア アグリウンブリア
d0033983_712149.jpg
今年で45回目を迎えるアグリウンブリアが4月5~7日まで、ペルージャの隣町のバスティアで開催されました。サブタイトルが『イタリア国内フェア(農業・畜産・食品)』というものでした。
今回はbutakoが興味のある演目の講演会も開催されたので、先だって知り合ったばかりのアグリツーリズモのご主人アントニオと共に行くことになりました。

アグリウンブリアは、農業の祭典と言っても過言ではありません。
トラクターなどの農作業の大型機械から、酪農に関する器具、牛や馬、羊や鳥などの家畜が展示されているからです。
農業関係者だけでなく、小動物と触れ合える、という理由で、小学校の遠足や家族連れの姿もちらほらと見られました。
d0033983_712741.jpg

初日は金曜日という平日開催だったにも関わらず、多くの来場者でごった返していて、『農業』への関心に正直びっくりしてしまいました。

まずは、講演会会場の前の広場で、ウンブリア州の知事が挨拶をしている所へ滑り込み。
ウンブリアで開催されるこのフェアには、ローマ近郊のラッツィオやトスカーナ、マルケ州からも人がやってくるということで、中部イタリアの農業従事者が集うのだそうです。
d0033983_721953.jpg

会場をざっと見渡すと…
トラクターなどの機械が所狭しと並べられていました。
友人アントネッロも興味深く、色々と見ていました。
実は彼は大のクボタ好き。(そして大の親日家)
クボタが日本の企業、ということを言うと、「えー、知らなかった。俺の親日家も運命的なものだねぇ!」と感激していました。
クボタのブースでは、真剣に見入っている姿が印象的でした。

こちらでも、年季の入ったシニョーリが、真剣に品定めをしています。
d0033983_732983.jpg

そうかと思えばこちらは若者のグループが。

そう、ここは完全なる男の聖域。
老いも若きもが、目を輝かせながら、農機を見ています。
巷の車好きの若者が、ショールームで見る姿とそっくり!
やはり男の子って大のメカ好きなのですね。

d0033983_75042.jpg
トラクターに関してですが、これも乗用車と同様、日進月歩しているとのこと。今までは、きつい・汚い・危険の3Kだったのが、今では運転席は完全に強化ガラスで覆われ、冷暖房完備かつ音楽まで聴けるのだそう。安全性も格段に飛躍しているのだとか。(アントニオ談)
こういったフェアの機会に、トラクターの最新型を調査したり、また実際、商談をしたりする農家の方も少なくありません。

本を売るブースや、物産を売るブースなども見られ、多くの人が詰めかけていました。
またチーズ作りのための機械や乳を保管するためのタンクなど、プロ仕様のものがたくさんありました。

一方、家畜ブースもなかなかの盛況ぶり。
d0033983_75511.jpg

牛と言っても、乳牛のホルスタイン種から、肉牛のキアーナ牛やマルキッジャーナなどの地方の純血種なども揃っています。
また羊のブースもさまざまな種類がいて、興味深い。
d0033983_762623.jpg

角がくるくると巻いている美しい種類もいました。
数時間前に生まれたばかりの子羊が、母羊のお乳をまさぐっている姿も見えて、なんだか家畜たちの日常を切り取ったような臨場感です。

臨場感といえば、出展者の羊飼いの中でもひときわ賑やかな団体が…。
そう、サルデーニャの羊飼いたちです!!
d0033983_773166.jpg

イタリアでは、気候の関係で、中部から南部にかけて羊を飼っています。
岩がちで暑いサルデーニャ島は、昔からペコリーノの名産地。
彼らが島から羊を連れてやってきたのです。

Butakoが訪れたのがお昼時だったので、羊飼いたちは、飲めや食えやの大騒ぎ。まるでピクニックのように、折りたたみ式の机には、自家製のチーズやサラミ、パーネ・カラサウと言われるパリパリの無発酵のパンが並べられています。
手にはプラスチックの5Lタンクに、自家製のカンノナウと思われる地ワインを持ち、それをワイワイとしゃべりながら、飲んでいます。
なかには、普通の来場者も混じっている様子。

d0033983_782434.jpg

Butakoも、自慢のサラミとチーズをご相伴に預かりました。
自分の主人がサルデーニャ出身だというと、大歓迎で、その輪の中に入れてくれて、まぁ大変な盛り上がり。

もっと居たかったのですが、先があるので、この辺でお別れ。
その後、鳥のブースに行き、ヒヨコと戯れたり、珍しい鶏に驚いたり、孔雀に挨拶したりと楽しみました。
d0033983_791465.jpg

アンティークトラクターのモーターをふかしているオジサンたちの周りには、これまた老若入り混じった男たちが、おもしろそうに眺めていたりして、退屈することはないですねぇ。
d0033983_710972.jpg

さてさて肝心の講演会のほうですが、PAC(Politica Agricola Comune:共通農業政策)の改正に関する二つの講演が開催されました。

PACとは、EU共同体で定められた農業生産物に関する保護や規定、生産物の市場の安定化などを取り決めた政策です。3~10年単位で変更される農業政策でEUの予算のおよそ35%が割り振られています。2014年改正版が出たばかりなので、イタリアの予算の振り分けと、項目の変更などが発表されました。

もともとのPACを知らない私にとっては、少々難解ではあったので、ただ今、撮影したスライドとボイスレコーダーを聞きながら勉強中です。
参加者の数は300人ほどでしょうか。大会場がほぼ満員になっているのには、驚きました。農家の方々が大半と思われますが、皆真剣な表情をしています。
d0033983_711238.jpg

今回のアグリウンブリアに参加して、日本とイタリアの農業に対する温度差を感じました。まぁ、農家全体に占める65歳以上の比率は、日本が60%、イタリアは25%なので、日本の高齢化は否めません。イタリアは各世代に平均的に農家人口が分散しているのが、大きな違いなのかもしれませんが。
このフェアに参加してパワーをもらいましたが、それは未来を担う農家の方々の目が輝いていたからかもしれませんね。

                        butako
*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-04-29 07:14 | ウンブリア地元ネタ
スポレートの料理上手なマンマ ルチャーナ
Butakoは、ウンブリア料理を多くの方にお伝えしたいと思い、地元のマンマによる料理教室を開催してきました。2010年から開催して以来、多くの方にお越しいただき、好評を博しています。
d0033983_19364222.jpg

料理教室の先生は、スポレート料理の私の師匠であるミレッラシェフ(プロの料理人)と、ワインで有名な隣町モンテファルコの主婦ルチャーナです。
ミレッラは、レストランで腕を振るっていたこともあり、盛り付けも素晴らしく、おもてなし料理にも向くプロの技と味を教えることができるのですが、受講可能なのが火曜日だけ、ということでチャンスが少なかったのです。
d0033983_19371347.jpg
モンテファルコのルチャーナは、毎週手打ちパスタで親戚一同をもてなし、また家庭菜園や自家製の家畜を飼っているスーパー・マンマ。おまけに底抜けに明るくて、料理教室はいつも爆笑の渦なのです。

でもいくらルチャーナが素晴らしくて地元料理は抜群でも、スポレート料理を教えることはできません。
ふたつの町はたった15kmほどしか離れていないのに、お互いにまったく異なる料理が存在していて、驚かされます。イタリアの地方料理のすそ野の広さ、バリエーションの豊かさを感じさせられます。
なので、やはり「スポレートの料理が教えられるのは、スポレートのマンマ」と思い、半年ほど前から、アンテナを立ててリサーチ。そんななか素敵な出会いがありました。

スポレートでカメラマンをしているイヴァーノ宅に先日招かれたので、その様子をレポートします。
イヴァーノのお母さんの名はルチャーナ。
d0033983_19381737.jpg

60代前半の若々しいマンマです。(モンテファルコのマンマと同じ名前ですね★)
今日はスポレート名物の手打ちパスタ『ストランゴッツィ』とドルチェ『クレッションダ』を作ってくれました。

ストランゴッツィは、モンテファルコのものとは少し違います。
スポレート人はパスタに絡める具材によって、卵有と卵なしを厳密に使い分けます。
d0033983_19403593.jpg
たとえば本日は、唐辛子をピリッときかせたスポレート風(アッラ・スポレティーナ)というトマトソースで和えるので、パスタは卵なしです。

小麦粉の山を作って、そこにくぼみをつけて…
一つひとつの作業を的確に行なっていくルチャーナ。
卵が入らないので、生地をまとめるのも一苦労。
時間をかけて、丹念にこねていきます。

彼女の愛用している麺棒は、もう半世紀以上使われている年季モノ。それを入れているカバーもかわいい。
d0033983_1941388.jpg

そして台の上にくっついたパスタ生地をとる道具は、職人が作った一点ものです。大きくくびれたカーブ、ねじれた取っ手の細工が美しいですね。
「昔はね、こういった料理道具も、専門の職人が手作りをしていたのよ」とルチャーナ。
代々受け継がれた道具。
彼女のレシピも脈々と母、祖母から受け継がれたものなのですね。
d0033983_1942841.jpg

そしてスポレートの名物菓子クレッションダ。
彼女のレシピを家でやってみたけど、美味しいと評判でした。
オレンジの風味が美味しい、卵の力で固まらせたココアプリンです。
彼女のクレッションダには小麦粉が入りません。

d0033983_19424876.jpg
そうそう、息子イヴァーノの恋人ネイサが、小麦粉アレルギーということで、小麦粉を加えずに美味しく作る伝統料理のレシピも開発したのだとか。
いつかそのレシピ集も作りたい、とイヴァーノが言ってましたよ。

クレッションダが焼けている間、彼女の手作りのパンや、長期熟成している生ハムが保管してあるカンティーナなど色々と見せてもらいました。
パンは、リエビト・マードレと言って、発酵したパンの一部を取っておいて、それを種にして発酵させます。
小麦の香りがとても高い。
聞けば、ルチャーナのご実家はかつて粉挽き工房をやっていたそう。
彼女のパンへのこだわりは、親譲りだったのですね。

d0033983_19434390.jpg

新鮮な野菜やワイン、お肉など、5km圏内の生産者から直買いしていて、食へのこだわりが垣間見えます。(ウンブリアの地元の人たちは、相対的にグルメです。どこに行けば美味で安全なものが安く買えるか知っているのです。これぞ地産地消ですよねー。)
d0033983_1944331.jpg

スポレートのルチャーナさん、お料理上手でとても丁寧な人柄に感激してしまいました。
ストランゴッツィ、絶品でしたよ。

彼女の料理教室実現にむけて、ただ今準備中です。
ご希望の方は、メールなどで一声かけてくださいね。
d0033983_19451738.jpg

                            butako
*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。

予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-04-27 18:36 | ウンブリア料理
本日はお日柄もよく *スポレート挙式レポート*
d0033983_545972.jpg

イタリアも4月2週目から、すっかり春めいてきました。
今年の冬は雨が多くてうんざりだったので、その分春の日差しがうれしい。

d0033983_56284.jpg

そんな日差しを浴びて、1組のカップルがスポレートで結婚の記念セレモニーをいたしました。もう1年半前に入籍はされていたのですが、今まで式を挙げていなかったということで、ここスポレートのコムーネで、地元の人々に祝福されての式となりました。

ちょうど修学旅行生や観光客も多いスポレート。
式の後、馬車に乗ってフォトツアーを行なったのですが、行く先々でAuguri(アウグーリ)!と皆に祝福されていました。
アパート2階に住むご婦人も、窓を開けつつ「アウグーリ」。
この日のスポレートは二人のために輝いていたも同然ですね。

d0033983_58265.jpg
お二人とbutakoが知り合ったのは、2011年10月。
大阪の有機レストラン『レ・コッコレ』さんのツアーでいらっしゃいました。
当時は、入籍したばかりで新婚さんだったのですねぇ。

1年半ぶりに、スポレートに戻ってきて、新婦さまの誕生日に、セレモニーを行ないました。
世界でたった一つの挙式…ということで、butakoも準備やコーディネート、当日の会場設営に通訳と色々とさせて頂きました。

二人の新たな門出のお手伝いができて幸せ!!
これを期に、スポレート挙式したい方は是非、ご相談ください。
今回は入籍済みのカップルのためセレモニーだけでしたが、婚姻届を市に出すことも可能です。(ただし、日本で入籍されていない方に限ります)
コムーネでのリーガルウエディング、いかがでしょうか?
一生の思い出に残ると思いますよ。

                                 butako

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-04-24 01:27 | 報告
いよいよ来週
d0033983_6205821.jpg
4月に入って、落ち着かない日々が続いています。
報告したいこともたくさんあるのに、筆がなかなか進まなくて!
素晴らしいカステッルッチョの景色、ピッシニアーノ村のアンティーク市、ウンブリアの春をお伝えしなくては。

今、計画中のことが、今週水曜日にいよいよ本番を迎えます。
スポレートのコムーネで、お客様のために、結婚の記念セレモニーをするのです。

そのために今週はローマに衣装合わせに行ってきました。
なんせ2月から、コツコツと準備してきたことなので、とても楽しみ!!

当日は晴れの予報。
良い式になると、今かわワクワクしています。

                            butako
*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
予告:現場のスローフードを満喫する旅!! 
10月>幻の野菜、黒セロリ祭りに参加しよう!
10月>ブドウの収穫とワイナリー見学ツアー
10月&11月>農家でサフラン摘みに挑戦!
   11月>オリーブ摘み&一番絞りを味見体験ツアー
   11月~2月>冬本番 ブタ解体見学&サラミ美食を巡る旅

研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2013-04-14 06:21 | その他