<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
変革の風?大敗するベルルスコーニ!
Ciao!ソムリエ2次試験がいよいよ明日に迫りました。

それにしても、昨日はうるさかった。
うるさいと言うよりも、何か空気のうねりを感じた一日でした。

…というのも、4月半ばより、イタリア各地で市長選挙が行われているのですが、与党が惨敗続きなのです。つまりベルルスコーニが擁立している中道右派のPDL(Il Popolo della Liberta'自由民主党ですかね)政党の候補は、負けっぱなし。対抗馬の中道左派のPD(Partito democratico民主党とでも言うべきか)政党が快進撃を続けています。

昨日は、ベルルスコーニの出身地であるミラノでの注目の選挙日。PDのジュリアーノ・ピサピア氏が、PDLのティッツィア・モラッティ女史を55.1%と44.85%で降し、ドゥオーモ前の広場は、一日中お祭り騒ぎとなりました。

ゴミ問題が解決しないナポリも、PDの圧勝。サルデーニャの首都カリアリでも、若干35歳のPDの市長が誕生しました。ノヴァッラやその他、大多数が、PDの勝利で終えたこの市長選。

今回の選挙では、若い世代と女性の関心も高く、それらの層が、積極的に投票所に足を運んだ、ということです。職がなく、社会的に弱い立場の人々が、イタリアを変えたい、と積極的にその1票を投じた印象が強いです。

ベルルスコーニ政権はもううんざり、という民意を、この選挙結果は反映しているのではないでしょうか。

この気運は6月12・13日に行われるレファレンドム(国民総選挙)まで、持ち越されそうです。
①法改正(司法を一部変更し、ベルルスコーニ自身の裁判を優位に進める)
②核エネルギー
③水道事業の個人事業化

などが争われ、いずれも、ベルルスコーニの都合の良いような内容ばかりです。
2500万票集まらなければ、いずれも可決してしまうので、バカンスが始まる6月半ばを投票日に決めた、という噂も聞きました。

でも、皆投票所に行くでしょう。
これだけ市長選で盛り上がったイタリア。平均的に政治への関心が強い彼らですが、この選挙で、ピークを迎えている、気がしました。

あくまでも、気がしただけですけど。
プローティ大統領の時(2006年春当選し2年の短命政権でした)みたいに、改革が途中で頓挫しないようになれば、いいのだけれども。

butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-31 18:13 | 報告
谷の村でお呼ばれ
d0033983_22433027.jpg
最近、晴天が続くウンブリア。
昨日は、イタリアのオジサンたちチョイ悪親父たちに囲まれて、ちやほやされちゃいました。山の師匠ジャンニから、ミンモのところでランチをするから一緒にどうじゃ?
と誘われ、二つ返事で同行したbutako。

ミンモは、谷にある小さな村ポッジョ・クローチェ出身。12歳の時にローマに移り住んで以来、そこでの生活が長かったのですが、中高年になって故郷の良さに気づき、以来、5月から10月まではこの村で暮らすようになりました。
ヴァルネリーナの谷にはよくある、二重生活。
つまり両親の家をセカンドハウスとして利用して、ローマと谷を行き来する生活です。

d0033983_22441019.jpg
ミンモの家に行く前に、師匠の仕事に同行します。
谷をこよなく愛す師匠は、山岳協会の道しるべに載せる写真を撮影したり、ノルチャのカンファレンスの手伝いをしたり、とPRに努めています。

Cerretoのこの開かずの教会Santa Maria dellibera(15-17世紀)を訪れたのは、Bell’Italiaという旅行雑誌(Mondadori社発行)に投稿するため。自分から積極的に動く師匠に、butakoも確実に感化されています。

教会内の見事なフレスコ画の数々。『慈愛なる聖母(マドンナ・ディ・ミゼリコルディア)』は、butakoが大好きなモチーフの一つです。
聖母の両脇には、聖ペテロ(左)と聖ロッコが描かれています。
ペテロは、天国の鍵を握る…ということでシンボルは鍵。聖ロッコは、ペストから生還した成人なので、太ももにペストの跡が残っています。

d0033983_22521476.jpg

慈愛なる聖母の図は、完全なるシンメトリー(左右対称)です。神聖を表す青い色のマントを広げ、左右に男女の信者が祈りを捧げています。ペストの聖人ロッコが描かれていることから、ひょっとしたら描かれた時期は、15世紀後半なのかもしれません。なぜならウンブリア一帯にペストが広がり、多くの信者たちは、それが沈静するように祈りを捧げたからです。
(ミゼリコルディアの説明は後ほど)

d0033983_2302175.jpg

後陣のクーポラには、こんな可愛らしいフレスコが。
演奏をする天使たち。楽器の様子からは、ルネッサンスでしょうかね。

d0033983_2311683.jpg

足元の床をみれば、お墓がいくつかありました。その蓋には、紋章が。↑これって、フリーメーソンの象徴であるコンパスだよね…と師匠。言われてみればそうかも。

d0033983_231396.jpg

2階部分へあがります。
面白いフレスコ画が壁の両端に残っていました。
生首を持つ骸骨たち。そこには、Memento Homo Qvod Svm Eris(汝は塵なれば また塵に帰るのみ by 師匠)、という文字が描かれていました。

鮮やかな色彩。骸骨を囲むように描かれる日常のオブジェ。(きっと特別な意味があるに違いない)

そして反対側の壁の大理石には、ミゼリコルディアの活動について書かれていました。
病気やけがの際の搬送や死者の埋葬のための移動…そう彼らの活動は『移動させる』こと。地元の教会の慈善事業として行われた『移動ボランティア』は、しばしば、徳を積んでいるところを他人から見られないように、頭巾を被って活動しました。
匿名性をもたせて、高慢の罪から逃れる(徳が自慢になることを嫌ったのです)ためでした。

ミゼリコルディアといえばフィレンツェが有名ですが、中世から各地にあったんですね。

d0033983_2314461.jpg
そして、写真撮影が終わると、ミンモの住むポッジョ・クローチェへ。
途中、早めのランチを食べる羊飼いのオジサンにご挨拶。
パンをナイフで切り取りながら、生ハムと食べていたおじさん。
羊飼いの雰囲気かもしてます~。

そして2年ぶりにミンモに再会。
ジャンニの旧友のロマーノとも、久々です。

d0033983_23144038.jpg

相変わらず優しくて、気配り上手!菜園や庭から積んできた野の花を、ガラスのコップに活けてくれました。すごくキュート。気の効いた演出に、「今日は若い女の子がいるから、本当、特別扱いしているよな」とジャンニから冷やかされていましたよ。
ちなみにミンモは、ドメーニコの愛称でしたーって、ミンモとドメーニコって全然似てない。

d0033983_23163775.jpg

今日は天気がいいので、もちろん外で食べましょう。
準備の間も、鳥の巣の解説をしてくれたり、サラダに入れる花を取ってきたりと、忙しくするミンモ。

d0033983_23184761.jpg

この日のランチは、ジャンニが谷で取ってきたキノコのパスタ2種類と、同じソースで作ったブルスケッタ。一皿目の、クリトーチペのパスタが最高に美味でした。
d0033983_2322231.jpg

大量に採っては、冷凍するジャンニですが、これは去年のもの。半分は冷凍モノ、半分は乾燥したものを使い、クリトーチペの旨みを最大に引き出しています。
お肉が全然入っていないのに、すごくリッチ。薫り高くて最高!

二皿目は、ドゥリーノとトマトです。ドゥリーノは煮込まれてトロリとしていて、半生に仕上げられたトマトの甘みが出て、美味しい。
山の師匠は、実は料理の師匠でもあった!!

パスタはもちろんディチェコです。
食にこだわるイタリア人は、たいていディチェコ愛好家ですね。

d0033983_23215535.jpg

山盛りのサラダは、ミンモが見繕ってきてくれたもの。野草をふくめた10種類以上の葉野菜がミックスされています。タンポポやケシの葉、ルッコラやあとミントの香りのする葉っぱ(でもミントではない)などありました。

最後はロマーノが持ってきてくれたビスケットで〆て、大満足の昼食会でした。
イタリア男子を両手に、butakoはモテモテでしたよ。

次回、また機会があったなら、私も何か手作りのものを持っていこう!

お金をかけずとも、谷のもの、家のもので豊かな食卓を作り、楽しい話で盛り上がれるイタリアの生活って、いいなぁ。

                              butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-26 22:28 | ウンブリア自然・山歩き
イタリアから東北へのチャリティ
d0033983_6302934.jpg
身近なところで行われたチャリティのご報告。

まずは、昨日の18時半から、ペルージャにてザッケローニ監督の呼びかけで、日伊の親善試合が行われました~。中田に長友、マテラッツィやガットゥーゾなど夢の競演です。
当日は1万人の観客が詰めかけ、試合観戦を楽しんだそうです。
中田がシュートを決めるなどして見所満点。試合が終わってもしばらく中田コールが鳴り止みませんでした。Youtubeでの中田選手の映像
試合結果はイタリア側は3-3と報道しているのに、日本は3-2となっています。
なぜだろう。


そして二つ目ですが、スローフードフィレンツェが先週の月曜日に、東北大震災のためのチャリティ・ディナーを行ったのでご報告します。

SFフィレンツェといえば、去年の11月開催されたフィレンツェ映画祭の時、SF播磨の皆さんと交流会を持ちました。
今回の地震でも、いち早く、スローフード播磨宛てに大地震お悔やみのメールを送ってくれ、自分たちのことのように胸を痛めていた様子が印象的です。

先日のディナーは、フィレンツェの和食レストランMOMOYAMAで行われ、利益を義捐金として東北のスローフードのコンヴィヴィウムに送金するとのことでした。

私は、あらためて交流会の大切さを痛感しました。たった一度のコンヴィヴィウム(共に食事をする、の意味)で、心が近づいたこと、これほど親身に日本を想ってくれている現実に驚きを隠せません。

やっぱり、同じ釜の飯を食べて、お互いの産物の自慢をしあった仲って、すごいなぁ。

個人的に知り合いになれたからこそ、今回の義捐金も、漠然とイタリア赤十字に送るのではなく、東北のコンヴィヴィウムへ(どこに送るのかまだ聞いていませんが)、スローフードの同志へ送る・・・という気持ちが芽生えたのだと想います。


私も、東北の復興を心より願います。

東京や大都市の考え方で東北を立て直すのではなく、地域の特性やニーズを汲み取り、コミュニティごとに利益が出るような復興になりますよう、祈っています。

                              butako

追記:ベルリンでもスローフード協会の日本人会員の方が発起してチャリティビュッフェが開催されました。
スローフード・ベルリン
詳しい内容はこちらへ
章子さん、ご報告くださりありがとうございます! 

[PR]
by butako170 | 2011-05-25 07:15 | 報告
人を食らう蛇
d0033983_22292335.jpg
ヴァルネリーナの谷で栄えていた街、チェッレートCerreto。
かつては、免罪符を売ることによって莫大な富を得ていたといいます。

さて、そのチェッレート村の民家の外壁におもしろい紋章がありました。
人を食べている蛇。

素朴で可愛らしい紋章ですが、よく見ると、そう、アレ、お馴染みのイタ車アルファロメオのエンブレムと似てますよね。

d0033983_22333066.jpg
アルファロメオは、1910年ロンバルダ自動車製造株式会社Societa Anonima Lom-barda Fabbrica Automobili=A.L.F.Aとしてミラノで誕生しました。地元ミラノの『白地に赤十字』とミラノ公国ヴィスコンティ家の紋『人を飲み込む竜』を合わせたエンブレムは、あまりにも有名で、日本人にとっては憧れの存在ですよねぇ。

そのヴィスコンティ家ですが、ミラノの貴族の名門です。13世紀には教皇グレゴリウス10世(在位1271-1276年)を輩出し、14世紀には皇帝からミラノ公国の位を与えられます。映画監督ルキーノ・ヴィスコンティもこの一族の末裔だそう。
ミラノで産声をあげたアルファロメオがこの紋章を用いるのも、納得できます。

d0033983_22495090.jpg

(写真:チェッレートの猫たち)

オリジンはマッジョーレ湖周辺にあり、vice contiの名前が示すように領主の補佐役として頭角を現したのが始まりだといいます。そんなヴィスコンティ家の紋章には、こんな伝説が。
その昔、森の中で竜に呑み込まれそうになっている少年をヴィスコンティ家の勇者が助けたという言い伝えによりモチーフとなった、と。

また他の記述によると、1100年頃、ヴィスコンティ・オットーネ1世が、十字軍遠征の際、『蛇に食べられる人』の飾りのついた兜を被るサラセンの武将を殺したことから、そのまま兜の飾りを紋章にした…とあります。(年代や登場人物が明確なので、真相はこちらか?!)

d0033983_22504035.jpg
ちなみにシンボル学的に言うと、蛇も竜も似た性質を持っていることから、同じとみなしてよいようです。

では、チェッレートの街にあったヴィスコンティ家の紋章は、何を示すのでしょうか。
免罪符時代から教会との関係が強かったためそれと関係があるのでしょうか?
それともサラセン人に苦しめられていたので、このシンボルにあやかったのでしょうか?

いろいろと想像を膨らませてみるのもおもしろいものですね。

(写真:チェレート民家に続く小道)


d0033983_22521473.jpg
街の壁には、マルタ騎士団の十字架なんかもあったよ~。

                             butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-20 20:15 | ウンブリア地元ネタ
とりあえず、AIS一次試験終了 
d0033983_22134012.jpg
とりあえず、一次試験は終了しました。
無我夢中で終わった90分間。
手ごたえは、ありません。。。

ソムリエ一次試験は筆記のみでした。

まず15分間でワイン1つのテイスティング、その後、チーズか生ハムが配られて、それとの相性を測ります。AISの基準に照らし合わせた評価を行わなければなりません。

その後1時間の筆記テストが行われました。

後方の席に座っている人の一部はカンニングしていたみたい。
それとの公平性を図るべく(?)、前に座っている人には試験官がさりげなく回答のヒントを出してくれたりして。
さすがイタリア!

d0033983_22194282.jpg
そんなお国事情に感心してしまったが、ただ助け舟を出されたところで、合格しないと意味がない!!!

二次試験に向けてまた勉強しないと~。

                      butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-19 22:20 | ソムリエAISの授業
小さな歩みも一歩ずつ
d0033983_6405757.jpg

お元気ですか?
毎日まぶしいくらいの晴天が続くウンブリア州はスポレートの自宅で、こもって勉強しています(涙)
早いもので、1週間後にはソムリエの一次試験を迎えます。
試験範囲は膨大!イタリアワインの品種から、世界のワイン、ビール、蒸留酒、ソムリエのサービス、デグスタッツィオーネ、料理とのアビナメントと多岐にわたっていて、もう一通り目を通しながら、覚えていく作業の繰り返しです。

最近はほとんど頭脳を使っていなかったため、知恵熱でるんちゃうかな、と思うくらい酷使しているのですよー。
でも、その割にはちっとも頭に入ってくれない。

イタリアのワインは割りとスムーズですが、フランスワイン・・・フランス語って表記と発音が違うから(英語みたいにね)、1つの産地を覚えるのに通常の2倍の時間がかかってる。

ソムリエへの道は厳しいですね。

さてさて、前に書いていた記事で、ベルルスコーニが「原子力エネルギーを無期限で凍結する」と言った記事を取り上げましたが、だからといってレファレンドゥム(国民総選挙)はなくならないようですよ。ベルルスコーニはレファレンドゥムを取りやめたいのが本音ではありますが。

とてつもなくややこしい政治の駆け引きが裏で働いているそうで、詳しくは、butakoのソムリエ試験が終わってから、きちんと情報を確認することにしよう。

それでは、今日は疲れたから休むことにして、明日朝から勉強がんばろう!

                            butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-09 23:42 | ソムリエAISの授業
癒しのウンブリア路
久しぶりに一昨日、ウンブリアツアーのお客様をアテンドしました。
d0033983_23335620.jpg

butakoが密かに(?)やっているこの個人ツアーは、お客様を好きなところにお連れし、やりたかったことを実現させるオーダーメイドの旅なのです。

3泊4日、5泊6日のお得なツアーもあるのですが、もちろん数日のツアーも承ります。
今回は1日だけのツアーを希望されたT親子。
お母様と息子さんの旅で、旅の嗜好がバッチリ(歴史と芸術、グルメ)で、今までのイタリアの行程も楽しく過ごされているご様子。

ご希望により
◎スポレート城壁の外の教会(サン・ピエトロ教会とサン・サルバトーレ教会)を見たあと、
◎モンテファルコでカンティーナ訪問と街の散策、
◎最後に小さく個性的な街(デルータをチョイス)
を巡りました。

d0033983_23344574.jpg
数日前から雨が降る・・・と言われていたのに、奇跡的にも晴れ間が多く、天候に恵まれた滞在でした!『緑のハート』といわれるウンブリア州。晴天だと、その緑が燃えるように輝きます~。

サン・ピエトロ教会は、フラミニア街道からモンテルーコに抜ける道の始点にたたずんでいます。古代のネクローポリの所に司祭アキレオにより419年に建てられ、使徒ピエトロの鎖が聖遺物として祭られたのがはじまり。

12世紀に改築された際に、ファサードに施されたロマネスクの彫刻が見事です。
風刺や聖書の物語などが刻まれ、なかには聞いたことのないような不思議な物語の一場面も刻まれていて、とっても面白い!

d0033983_23351392.jpg
石に生命が吹き込まれたような、活き活きとしたレリーフは、いつまで眺めていても飽きません。

ロマネスク好きも、そうでない人も虜になりますよ。

そして、モンテファルコのカンティーナPaoloBeaの訪問も興味深かったです。
実は3年ほど前の訪問の際は、アメリカ人の予約客に混じっての訪問で、英語の説明がよく分からずに、カンティーナの印象が今ひとつよくなかったんですよね。

d0033983_23354760.jpg
でも、今回はイタリア語で、しかもbutako自身ソムリエの勉強中で知識があるため、テンポよく色々とお話を伺うことができました。

有機でブドウを育て、ワインを発酵させる際に、菌をいっさい添加しないのがBea一家のこだわりです。したがって、ブドウに内在する菌のうち良いものだけが残るように、月が欠けたタイミングを見計らってブドウの収穫を行います。(10月の半ばごろ)
満月の際は、いろんな雑菌もいるので良くないそうですよ。へぇ!
亜硫酸塩は、一般的なワインに比べて極めて少なく投入しています。

d0033983_23361281.jpg
ブドウ本来の味とテロワール、発酵や熟成になるべく手を加えず(でも入念にアシストして)作るPaoloBeaのワインは、サグランティーノでさえ、タンニンが攻撃的でなく丸く円熟し、バランスの取れたワインに仕上がっています。

Tさんたちは、サグランティーノ・セッコとパッシートをお買い上げ。
試飲の際、セッコは、ブルーベリー入りのクロスタータと合わせ、パッシートはパルミジャーノチーズと食べ合わせました。この組み合わせがottimi!!意外だけど、すごく合う組み合わせですよね。

その後、モンテファルコの街を一巡し、市立美術館で、ベノッツォ・ゴッツォリのフレスコ画を満喫された後、コムーネ広場のエノテカL'Alchimistaでランチ。

d0033983_23364187.jpgそしてデルータ焼きの窯元を訪問し、街を巡って、長い一日を終えました。

日本の地震後、初めて、ウンブリア周遊のお客様を迎えて、思ったことがあります。

ウンブリアの旅はすごく癒される。

正直、震災後はイタリアに住んでいるbutakoにとっても胸が痛み、あまりウンブリアの旅を積極的にオススメする気になれませんでした。

d0033983_2337944.jpg
でも沈みがちな日本に暮らす人たちにこそ、ほんのひと時だけ日本を離れ、ウンブリアの自然と歴史に親しみ、グルメを満喫する旅が、気分転換になるに違いない・・・と、気づかされたのです。
この豊かな大地と人の営みに、ね。

伝えたい・・・ウンブリアの自然と食文化は、私たちがどんな状態であっても優しく清々しく、偉大なんだなぁ。
                               butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-07 23:25 | ツアーのお知らせ
レストランでの模擬サービス
d0033983_736851.jpg

すっかりご報告が遅れているソムリエレッスンですが、昨日で最後の授業となりました。
レベル3の14回目の内容は『実際の食事の場面でワインを選ぶ』こと。
そう、つまりソムリエのお仕事を模擬体験するものでした。

まず、各テーブルの席に着いた私たちにメニューが配られます。その食事内容に沿って、ふさわしいワインをメニューの中から選んでいきます。
普段、イタリアのレストランで食べ物のメニューを選んでから、カメリエーレに「この食事に合うワイン、選んでよ」って気軽に言いますよね。
このたびは、そのワイン選びを私たち生徒が行うのです。

d0033983_7392235.jpg

それでも、カンティーナに眠る1000本のワインから選ぶわけではありません。
たった17本のワインから、4つの料理にあうワインをそれぞれ選んでいくので、難解とは言えないでしょう。

しかーし!!ワイン道を2年間のレッスンで習ってきている私たち。
AIS教本にある『食事とワインの合わせ方』を深く学べば学ぶほど、セオリーの深みにはまっていくのも事実なのです。つまり科学的なスケーダに合わせて予想していくので、結構難しい。

さて、実際ワインをチョイスしていくのは個人作業ではなく、各テーブルごとに座っているチームごとでの作業になります。
皆で、論理と合わせて予想しながらワインを選び、代表者がそのワインをサロン正面のテーブルまで取りに行き(もちろん開栓もサービスも行い)、食事を食べつつワインを飲んで『合う』『合わない』をジャッジしていきます。
食後はそれの答え合わせ。

それではアンティパストから行ってみましょう!

d0033983_7463533.jpg
Insalata di polipo e patate con salsa al prezzemolo/タコのサラダ、イタリアンパセリのソースをかけたポテト添え


【料理の特徴】タコ、ポテトは甘みの傾向、パセリは香りの持続とアロマ。苦味も少々。オリーブオイルは香りと油っぽさ(この皿の場合はきわめて低い)を含有。料理はシンプル。
【ふさわしいワイン】甘み傾向には酸味、もしくはスプマンテ系、ミネラル系。香りの持続するもの。料理がシンプルなので、ワインもシンプルなものを。

【私たちの選択】Vermentino di Toscana Pian di seta 2010,12.5%
【正しい選択】Prosecco bruto "JAIO"11.5%

d0033983_7591261.jpg
Risotto alla zucca gialla e croccante di pancetta/黄カボチャのリゾット かりかりパンチェッタのせ

【料理の特徴】カボチャ、米は甘みの傾向大、チーズの香りとアロマ持続。パンチェッタの焦げが苦味。油っぽさと潤いは中程度。料理はやや手間がかかっている。
【ふさわしいワイン】甘み傾向には酸味もしくはスプマンテ系、ミネラル系をあわせる。香りの持続するもの。料理にあわせ、ワインもややきちんとしたものを。苦味にはまろやかなワインを。
【私たちの選択】Verdiccio castelli di Jesi C.S.prodium 2006,14%
【正しい選択】同上

d0033983_844772.jpg
Guanciola di manzo stracotta,purea di sedano rapa/牛のホホ肉の煮込み アックセロリのピュレ添え

【料理の特徴】肉はgrassezza(脂っぽさ)甘みの傾向、肉のアロマ持続。料理は手間がかかっている。そんなにuntuosita'(油などの潤い)は少ないので、強いタンニンは必要ない。
【ふさわしいワイン】油っぽさはミネラル系をあわせる。香りの持続するもの。料理にあわせ、ワインはきちんとしたものを。油などの潤いがややあるので赤ワインだが、繊細なタンニンがよい。
【私たちの選択】A,ostar 2004,14%Lagurein30%,Merlot30%,Cbernet F5%...
【正しい選択】同上
ラグレインって繊細でエッジが効き過ぎていないタンニンが良いですね。エレガントなワインでした。

d0033983_814794.jpg
Tortino di frolla farcito con confettura chiara du crema inglese/桃のジャムを詰めたさっくりトルタ、クレマイングレーゼ(カスタードクリームのゆるいもの)

【料理の特徴】甘さ大。アロマ持続。料理は手間がかかっている。
【ふさわしいワイン】甘いワイン。パッシートなど。香りが高いものがよい。
【私たちの選択】Passto delle venesie sium 2004,12%,picolito+verduzzo Friulano
【正しい選択】同上
picolitというブドウの品種からできるパッシートは最高!!

あ、ちなみに、最終的なワインを選ぶまでに、3種類くらいは他のワインも試飲しています。なので、4皿食べたということは、12種類のワインは飲んだということです。
同時にいろいろと試せたので、本当に合う・合わないが判断できたんだと思います。
論理と試飲・・・これが両輪となってワイン選びができるのですね。

最後の授業にふさわしい内容でした。
あとは5月18日の一次試験に向けて、努力あるのみ~!!!

受験生に戻った気持ちで、がんばります。                 butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-06 07:47 | ソムリエAISの授業