<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
夏の色、秋の色
自分のキャパシティが狭いのか、ちょっと忙しくなるとイライラしたり、不安定になることがあります。そんな時は、いつもの谷へ。久しぶりに昨日、師匠と行ってきました~。
d0033983_6201472.jpg


おかえり、元気だった?
とネリーナ谷のポプラたちや澄んだ水をたたえて控えめに流れるネーロ川が声をかけてくれるよう。
自然と疲れた心が解き放たれる感じ。

暑い、暑いとうなっていた1ヶ月前がウソみたい。気がついたら、すっかり季節がギアをチェンジしています。
夏から秋の変わりめって、なんだか、ちょっぴり切なくなりません?

ためしに撮っていた夏の写真より・・・ほんの少し前までは夏の色
d0033983_6221746.jpg

バジルもサンマルツァーノトマトもはじけんばかりの元気色。
d0033983_622574.jpg

あ、これはズッキーニの花です。
パスタソースにしようと刻んだもの。夏は緑黄色カラーで溢れていました。
d0033983_624379.jpg

秋は、一転してシックな色目。
暖色系で、落ち着いたアースカラー。

d0033983_6274893.jpg

谷は、野生の果実がたわわに実ります。
クワのみ、ローズヒップ、サンブーコ、もちろんたくさんのキノコたち。
そしてりんご、なし、栗、などなど。

d0033983_6314092.jpg

帰りに寄ったチーズ工房の三男坊。
お節介はそれぐらいにしておきなー。

家に帰りつく頃には、すっかり元気を取り戻したbutakoさんでした。
たまには、自分のための自然散策もいいものですね。
                                                     butako
[PR]
by butako170 | 2010-09-25 06:34 | ウンブリア地元ネタ
ただいま、グルメ研修旅行中
d0033983_16235044.jpg


先週初めからローマ、ナポリ、スポレートとある会社の事業立ち上げのための視察旅行に立ち会っています。
この日曜日からやっとスポレートに帰りましたが、まだまだ研修は続行中。ミレッラ、ルチャーナのもとで、料理を学んで気合を入れて、いらっしゃいますよ。

次の日曜日は、映画祭関係で、フィレンツェに連泊予定なので、まだまだあわただしい日々が続きそうです。日本は、残暑も少し緩んだようで、何より。
季節の変わり目なので、お互い体に気をつけましょうね。

butako
[PR]
by butako170 | 2010-09-15 16:26 | 報告
ナポリへ一日下見へ
d0033983_456591.jpg

今週火曜日からお客様のアテンドでローマ&ナポリへ。
そのため、先週土曜日はナポリへ下見に行って来たのでした。1年ぶりのナポリ。ガッレリアの修復もすっかり終わっていてうれしかったなぁ。相変わらず町中は、地下鉄工事でホロがかかっていたけれど。

簡単にそのときの様子をご報告★

今回は、強力な助っ人を連れて行きました。
スポレートの友人ミケーラ。ナポリ大学で東洋語を専攻(第一言語が中国語、第二言語が日本語だったそう)していた、バリバリ親日家の彼女です。
この日は彼女のお勧めのピッツェリアとBar、軽食屋に行きました。
ナポリに行ったら、是非是非訪れて欲しい店ばかり!

d0033983_534230.jpg 
朝、5時の電車に乗ったものだから、ナポリに着いた頃にはすっかりおなかが減っちゃいました。
まずはトレド通り(ローマ通り)にある、このお店Giovannone Di Perrottaに直行。

いろんなテイクアウトできるナポリのお惣菜が処狭しと並んでいて、何を食べるか迷ってしまいます。結局アランチーニをオーダー。まだほんのりと温かかったです。


一方、ミケーラは、Friarielliというチコリに似た葉野菜のソテーがたっぷり入ったトルタをチョイス。こちらもおいしそうでしたよ。



その後、アポイントのためチーロ・サンタブリジダに行った後、いよいよピッツェリアDa Michereへ。
ちょっと早めの12時目指して行ったのですが、着いたのが12時15分。すでに店の外までお客さんが溢れていました。整理番号をもらって、おとなしく待機です。
ダ・ミケーレでは、相席は当然です。私たちと同席になったのはシチリアのラグーサに住むカップルです。
待ちに待ったピッツァが来た時には、一同、大喜び。しかし、でかいです。Mサイズでこのボリューム。
ピッツァは、マルゲリータとマリナーラのハーフ。「今はハーフ&ハーフはしてないんだけど」という店のおじちゃんの断りにもめげずに、ミケーラが頼み込んでくれました★
こうして両方の味が楽しめたわけですが、あえてどちらかを選ぶとしたら、はやりマルゲリータに軍配があがります。トマトとモッツァレラ、バジルのハーモニーがたまりません。やはりナポリ一番と言わしめただけあるダ・ミケーレのピッツァです。文句なく美味しかったですよ。

d0033983_525689.jpg

食後はスパッカ・ナポリを腹ごなしに歩きながら、またまたトレド通りへ。

d0033983_5225052.jpg

カフェは王道のガンブリーヌスか!?と思いきや、ミケーラの選んだのは、ガンブリーヌスの手前のBar del Professoreです。ここのNocciolatoというヘーゼルナッツの配合されたカフェが名物なのだとか。
確かに香り高いナッツの香りと濃いナポリカフェが良い感じにマッチしています。でも砂糖が大量に入っていて、ジャリジャリいってました。たぶん、これがイタリア人好みなんだろうな。
butakoはもう少し甘さ控えめが好きかも。

こうして、甘ったるいカフェを飲み干して、そのままサンタルチアへ。
ナポリ駅についてから、まだバスもタクシーも乗ってません!!ミケーラったら、なんて足が丈夫なの。
butakoはオバサンなので、少々疲れ気味。だって、10kmくらい歩いてるんですもの。この炎天下のなか。

でもサンタルチアの海風に吹かれ、ヴェスビオ火山を望むナポリ湾を眺めていると、疲れも吹っ飛んでしまいます。
正味ナポリ滞在8時間。でもガッツリ楽しんだ充実の滞在でした。
本番のお仕事もうまく進みますように。                            butako
[PR]
by butako170 | 2010-09-06 05:07 | プレシディオ・食材