<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧
テルニの市場
d0033983_613677.jpg
 
 スポレートに一つだけ不満があるとすれば、毎日たつ市場がないということかしら。(週一はあるんですが)
 海のないウンブリア州なので、シチリアのカターニアみたくダイナミックな魚市場は期待できないとしても、野菜や肉、豊富なサルミ(ブタ加工品)を売る市場はあってもいいもの。
旦那ロベルトに聞くと、20年ほど前は我家の裏の広場では毎日市場が立ち、農家や郊外の住人が、朝採り野菜や、野草を屋台で売っていたそうです。残念ながら、今は無機質な駐車場になっています。
 40年ほど前までは、家の近所の空き地で、酪農家が毎週金曜日に集まり、自慢の牛や羊、馬などを売買していたそうです。Butakoもそんな時代に生まれたかった…。
(写真はスポレートで年に一度開かれるタマネギ市)

 d0033983_6171815.jpg 
 先日、隣町のテルニに買い物に出かけたとき、市場を見つけました。
バラック小屋の倉庫みたいな建物のなかには、八百屋を中心に、肉屋、サルミ屋、魚屋が軒を連ねています。
いかにも普通のオバサンって感じの野草売りを発見。
店も、みかん箱に大きなかご二つ…といった簡易な店です。
「野草はどうかね」
「いくらですか?」
「1Kg 5ユーロ」 見るとバルバ ディ フラーティ(修道士の髭)やスカッシェッレなどButakoの知る野草が、きれいに水洗いされて置いてあります。
「それじゃあ、500gちょうだい。」



d0033983_619882.jpg 

 昔ながらの天秤ばかりで野草を量るオバチャン。天秤がすごく素敵だったので、写真を撮らせてもらいました。

「はい、ありがとね。」こんなに写真ばかり撮るネエチャンは初めて…と思ったのか、ちょっと戸惑っていましたが、にこやかに接してくれました。
他にも2人ほど天秤ばかり片手に野草を売るオバチャンを見かけました。

野草はタダ。売り切ればまた採ればいいので、案外いい商売かもしれません。




d0033983_6203527.jpg 
 ある八百屋では、早くも野生のアスパラガスを売っていました。聞くとサルデーニャ島産だそうで。温暖なサルデーニャには一足早く春が来ているのですね。
その店ではアグレット(おかひじき)を一束買いました。アグレットはさっと塩茹でして、レモンとオリーブオイルで食べると、シンプルながら美味です。

 ああ、自宅近くにこんな市場があるといいのになぁ、そう思いつつ帰途に着きました。
                                                       Butak
[PR]
by butako170 | 2008-02-29 06:13 | その他
ロベルトとButakoの挑戦
 今年になって、旦那ロベルトは絵筆を握りだしました。
そう、かつて夢だった画家になる夢を叶えよう…というのです。

彼の若かったときは、そりゃぁ忍耐が著しく欠如していたので、キャンバスに描いては、気に入らずに上から色を塗り固め、描いては…の繰り返し。
あげくの果ては、怒ってキャンバスを壊し。。。あらあら。

まともに仕上がった絵は数点しかなかったそうです。

でも精神的に落ち着いた今、新たに絵を描こうという情熱にあふれています。
そこで今年1月にスポレートで開催されていたアマチュアのための展覧会に出展することにしました。

描きあがった絵はこちら…。
d0033983_1936157.jpg
 
 出展する日、写真撮影。

d0033983_19373034.jpg

これは古い教会の壁をバックに。

d0033983_19391653.jpg 
教会のドアの前で。

現代的な画風が、古い建物と調和します。
ちなみに絵のモデルは、ご想像通り、Butako。キャーはずかしい。

 かたやButakoの日本語教室は、結局集まったのは2人だけ。女子高校生の二人組み。なのでインターネットカフェを借りずに、自宅で始めました。
月曜の午後4時から、1時間半ほど。

 また、ヴェネツィア大学に通う女子学生も、冬休みのため、実家のスポレートに帰省しており、不定期ですがレッスンを受けたいとのことでした。
ヴェネツィア大学で、3年間日本語の基礎をみっちり習ったので、まずまず話せます。
でもクラスは70人も生徒がいて、なかなか先生と話す機会がないそうです。
 しかも、4月には京都に1ヶ月遊びに行くというではありませんか。
日本語の会話中心に1時間ほど、4回程度レッスンすることにしました。

ちなみに東洋語の名門大学といわれているのは、ヴェネツィア大学とナポリ大学らしいです。
ローマ大学も優秀な日本の教授陣がそろっているらしく、習うにはいい…と聞きました。

 ぼちぼちですが、ロベとButakoは前進中です。ロベはもう3枚目の絵画の制作に取り掛かってます。
Butakoの場合はホフク前進ですが。


                                         Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-24 19:48 | ロベルトの作品
師匠と訪ねた村 ロレイヴォ村のアミーコ兄弟
 
d0033983_6571874.jpg

2月4日「春の野草採り」のブログのその後…
 師匠と野草を採りに行った後、ある村に立ち寄りました。
ロレイヴォ村(Loreivo)は人口がたった10人足らずの小さな小さな村です。
3世帯がひっそりと軒を連ね、羊やニワトリを飼い、畑を耕し…昔と変わらない自給自足の生活を営んでいます。
古くからその村を守ってきたアミーコ一家。
師匠ジョバンニは彼らと顔見知りだそう。教会前の三叉路で、アミーコ兄弟の長男アルマンドさんにばったり出くわすと、ジョバンニは彼と気さくに話し始めました。

d0033983_6585177.jpg 
 
 アルマンドさんは若い頃は神父をしていたという経歴の持ち主。
村で唯一の小さな教会は、30年前、屋根は落ち朽ち果てていたものを一家が修復したものです。教会内に興味シンシンだったButakoを察した師匠は、アルマンドさんに鍵を借り、中をみせてもらいました。



正面に修復されたフレスコ画が一枚ある以外は、何もない簡素な教会。
でも修復した彼らの愛情がたっぷりです。


d0033983_6595394.jpg 
 その後、師匠とこの村のはずれにある高台に行って、ランチタイムです。足場の悪い斜面を登っていくと、30分ほどで頂上に到着。
200平方メートルほどの小さな平地が広がっていました。頂上は、かつて集落があったという場所です。今はむき出しになった岩盤がひっそりと横たわっているだけ。
「スポレート軍がね、この村に攻め入り、村を焼いてしまったんだよ」とジョバンニ。

動機はたいしたことではありませんでした。

昔むかしの話。ある年、家畜に与える干草が不足しました。この村の神父(スポレート出身)が、「スポレートに干草を分けてやって欲しい」と村人に頼んだそう。村人は二束三文の干草に高い値段をつけたものだから、それに怒ったスポレート人たちが村を焼いてしまったそう。
 かつて壁だった石をみつつ、人の営みの果かなさを思いました。
 
さて、ランチを終え高台を降りると、アルマンドが牧草地で作業をしています。
白い毛並みが麗しいキアーナ牛を30頭ほど飼っています。
キアーナ牛はTボーンステーキにすると最高のトスカーナ由来の牛。たいへん高価で、たいへん美味。

そして羊が20匹ほど。かつては300匹いたのですが、アミーコ一家の高齢化に伴い世話が難しくなり、売ってしまいました。羊のたくさんいた頃は、毎日新鮮な乳でペコリーノやリコッタなどのチーズ作りもしていたそう。ああ、できたてのリコッタチーズはさぞ、おいしかったでしょうに★

d0033983_721039.jpg 
 
 アルマンドさんは、Butakoたちをある部屋へと呼びました。


なんとそこはカンティーナ。彼らはワインも作ってます。農家の作るワインの美味さに目覚めた
Butako。垢抜けないけど、力強い味は一度ハマると抜け出せません。


アミーコ一家の自家製ワインは、まだ発泡途中の、ブドウの濃い味がするとびっきりのワインでした。Butakoも師匠もゴキゲン。



 d0033983_732455.jpg 


 「これも食べな」と差し出してくれたのは、テルニの名菓パン・ペパート!アーモンドやクルミ、オレンジの皮などをチョコで固めて作ります。決め手はペッペ(コショウ)を入れること。


 スパイシーな大人のお菓子は、野性味あふれるワインに相性バツグン!
ほろ酔いの二人。おしゃべりの口がとまりません。




 d0033983_755751.jpg 

 アミーコ一家は男ばかりの4人ぐらし。兄弟助け合って今まで暮らしてきました。でも去年、末っ子が病気で亡くなり、あと一人も入院しています。
「わしらが若いときは、嫁さんをもらわなくても何の不自由も無く楽しく暮らしてきたんだ。」年老いたときの事など考えもしなかった…といいます。
7人兄弟のアミーコ一家。両親の勧めに従い、3人は結婚しこの地を離れ、残る4人でこの村を守ってきました。(村の大部分の土地はこの一家のものなのです)
「嫁をもらわなかったこと、今になってちょっぴり後悔さ」。
透き通る青い目で、じっと一点を見つめながらアルマンドさんは静かにいいました。

家畜を飼い、土地を耕す生業も、担い手がなければやがて消えていくでしょう。この村から見えるすべての景色を神話混じりに語ってくれた彼。代々先祖から口承された尊い物語も、後世に伝わることなく消えてしまうのでしょうか。
どうか新しい担い手が現れますように…帰りの車のなかで、そう願わずにはいらないButakoなのでした。

                                           Butako

[PR]
by butako170 | 2008-02-22 06:52 | ウンブリア自然・山歩き
バレンタインと隣街テルニ
d0033983_5423684.jpg

今日はバレンタインデーでした。
いかがお過ごしでしたか? 
今週はじめ、隣町のテルニに行ったとき、かわいいショー・ウインドーを発見しました。
テルニの守護聖人は聖バレンティーノです。よって本日テルニの街はどこもかしこも定休日でございます。

テルニは数年前からその守護聖人にあやかって、観光客向けのウェディング誘致やロゴの開発に取り組む企業が増えています。昔から商売っ気の盛んなテルニ人らしいですね。
いまやバレンタインデーは世界規模で祝われています。もともと聖バレンティーノはキリスト教迫害時代(3世紀)に、テルニで司教をしていました。ローマの軍隊に兵役された若者は、家族を持つと士気が下がるということで結婚を禁じられていたそうです。
バレンティーノは、そんな悲しい規律に縛られて一緒になれないでいるカップルに、内密に結婚式を執り行ったとか。そんなことで 彼が愛の守護聖人と呼ばれるようになったのです。

d0033983_5493118.jpg 
 今週末はテルニで聖バレンタインにちなんでチョコレートの祭りが行われます。
面白そうなので行ってみてもいいのですが、虫歯の治療中なので、今回は控えることにしましょう。
ちなみにイタリアでは日本のように女性が愛を告白する…という日ではありません。カップルがお互いにプレゼントを贈り、愛を確かめる日なんですね。                 Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-15 05:42 | その他
カーニバル炸裂
d0033983_6204223.jpg 
 この2週間にわたりにぎわっていたカーニバル。
先週末はここスポレートでも仮装した人々が街を埋め尽くし、みこしのオンパレード。(みこしは5基だけでしたが、それでも人口3万人の街としては健闘しているほうでしょう。)巨大な紙製のハリボテをトラクターで引っぱるあたりが田舎っぽくて好きです。
ゴンドラに乗ったプルチネッラ(道化師)やディズニーの『美女と野獣』、中国歌劇団にふんしたスポレート歌劇団のみこしもありました。
市民フォトコンテストがあるというので、Butakoは一眼レフ片手に見物へ。
みこしに乗っている人たちはそれはもう、ノリノリです。観衆にむけてコリアンドロ(紙吹雪)を投げつけると、観衆は色つきのスプレー(無害)で応戦。

この日のために子供たちは用意していたコスチュームを着込んで大はしゃぎ。

d0033983_6233927.jpg
 
自転車にのった三人組…なかなか個性豊かですが、ちと統一性がないのでは。

d0033983_6251898.jpg
 
かわいい猫ちゃんのコスチュームに思わずパチリ。ちいさな顔にほどこした猫のメイクが劇団キャッツみたいでカワイイ。

d0033983_6262538.jpg 
カーニバルのお菓子といえば、スポレートではフラッペ(上)とカスタニョーラ。
フラッペは小麦粉と卵、油を加えた生地を薄く延ばして揚げ、仕上げにアルケミス(赤いリキュール)かハチミツを垂らします。ひものように結わえて揚げるのがスポレート風。
トスカーナ地方ではチェンチ(ぞうきん)、ミラノやマルケではキアッケレ(おしゃべり)という名前で呼ばれています。なるほど、ぞうきんのように無造作な形だし、噛めばサクッと音がするあたり、キアッケレはぴったりのネーミングです。


d0033983_628386.jpg 
一方カスタニョーラはかんしゃく玉という名のお菓子。いわゆる丸い揚げドーナツです。リコッタチーズも入っているので、優しいミルクの味がします。スポレートのパスティチェリア(菓子屋)では、ドーナツ生地の代わりにシュー生地を揚げてカスタードクリームを詰めていました。フワフワ生地にトロリとしたクリームが美味で、何個でも食べられるうまさ。



d0033983_6293727.jpg 
 カーニバルが終わると四旬節(quaresima)が始まります。イースター(今年は3月23日)までのこの期間はキリストの受難を思って肉を絶つ(食べない)というのが、イタリアの伝統ですが、果たしてどれだけの庶民がこのしきたりを守っているのやら。でもカーニバル(謝肉祭)の方はバッチリ遵守し、みなさん弾けてましたけど。

                                               Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-13 06:30 | 報告
ローマの伝統料理 コーダ・アッラ・バチナーラ
 先日、旦那ロベルトの友人宅の夕食に招かれました。
その名も『コーダ・アッラ・バチナーラを食べる会』です。
バチナーラはローマの方言で皮なめし職人の意味。
『皮なめし職人風のコーダ(しっぽ)』と名づけられたローマの伝統料理は、牛のしっぽを白ワインと共にコトコトと煮込んだいわゆるオックステール・シチューです。
牛の皮をなめした際ついてきたしっぽを利用したという、労働者のための料理なのです。

 この会の主催者は、ノルチャより20km奥にあるカンピ村に住むロベルトさんです。人口100人ほどの谷に佇む小さく可愛い街。ロベルトさんはスポレートからやってきた私たち10人を笑顔で迎えてくれました。

d0033983_1174520.jpg 
食卓に着く前に、まずは設備の整ったキッチンを拝見…そこで鍋一杯に用意されたコーダとご対面!
すごい量に圧倒されるButako。
それもそのはず、15人分のために用意された牛のしっぽはなんと35本!タマネギやセロリのみじん切りを炒めたソフリットにぶつ切りしたしっぽを加え、白ワインを注ぎます。
なんと注いだワインは5L!そしてトマトの水煮を加え、3時間ひたすら煮込むのです。

昨日から友人ロベルトさんは、客人のために仕込みをしてくれたのだとか。
厨房にて笑顔でポーズをとるロベルトさん。
もてなす心に感謝です。

d0033983_1191867.jpg 
 夏場はレストハウスとして、旅行者に食事を提供する自慢のサロン。
暖炉の火が赤々と燃え、冷えた体を温めてくれます。卓上には、地元のペコリーノチーズや乾燥サルシッチャ、サラミがズラリ。自家製の赤ワインが注がれたボトルもスタンバイしています。おもわずゴクリと生唾を飲むButako。

全員がそろったところで、乾杯!
まずはアンティパストをいただきます。噛めば噛むほど旨みがでてくるサラミやサルシッチャは、スルメ感覚のつまみ。イタリア人はパンに乗せて、これらの乾き物を食べます。
ペコリーノチーズは地元の生産者が作った逸品。羊の乳から作られた旨みと独特の風味のあるチーズです。うっすら酒かすのような甘みも感じます。

 プリモはコーダを煮たソースで和えたショートパスタです。コーダのダシがしっかり効いていて、うまくないわけはありません。トマトの酸味も手伝って、お代わりに手がのびる美味さ。

 d0033983_1205617.jpg 
そしてお待ちかね、コーダの登場。長時間煮込まれて、柔らかくなったコーダ。コラーゲンもたっぷりで牛のエキスのつまった食べ応えのある一品です。
でもしっぽの軟骨が邪魔をして、フォークとナイフでは歯がたちません。そのうち皆手づかみで食べ始める始末。気の置けない仲間との食事だから、手でつかみ、歯で肉をしごいてもへっちゃらです。むしろ庶民発祥のこの料理の場合、それが正しい食べ方だと言えます。

何度もワインをお代わりして、付け合せのサラダやジャガイモのオーブン焼(ローズマリー風味)も平らげて…。なんて幸せな夜でしょう。
食後はドルチェとともにスプマンテ(発泡酒)やグラッパをチビリとやりながら、暖炉を囲んで夜更けまで語らいました。暖炉は友人との距離をぐっと縮めてくれます。

カンピ出身のロベルトさんは大のコーダ好き。ローマまで食べに行くには飽き足らず、自宅でも作り始めました。試行錯誤を何度も繰り返し、今のこの味に行きついたのだとか。
ウンブリアの山奥で思いがけずローマの味を堪能した一夜でした。

                                             Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-11 01:21 | その他
サラダに夢中
 d0033983_656410.jpg 
ジョバンニと一緒に採った野草は、きれいに洗って選別します。
わずか1kg足らずの野草を洗うのに3時間もかかってしまいました。土を落とし、枯れた葉を除き…そう、野草は「採るはやすし、洗うは面倒くさし」の代物なのです。
 サラダには新芽近くの柔らかい葉だけ使います。
(写真はその時作った野草のサラダ)

ほろ苦いバルバ・ディ・フラティ、ゴマの香りのルッコラ、噛むとキュウリの香りがするボラージネ…野草100%のサラダは香り良し、苦味良しで食べ応えまんてんです。
ロベルトは「うまい!」と言って何度もお代わりしてくれました。
でも野生なので、やや口ざわりが悪いのが難点です。
後日、ミレッラにどうしたものかと相談すると、ニンニクを入れた酢をプライパンで少し熱して、それでサラダを和えるとよい、とのことでした。(塩、オリーブオイルは通常のサラダを作る手順で入れること)

 イタリア人は大のサラダ好き。レストランにいくとミックスサラダやグリーンサラダ、トマトサラダ(トマトを切っただけ)などが必ずメニューにあります。
野菜を生で食べる習慣を始めたのはイタリアではないでしょうか。
16世紀、トスカーナやジェノバ地方の貴族の食卓には、サラダがのぼっていました。豆や野菜のスープを食べる農民に対して、貴族はおしゃれなサラダを食べたというわけです。

味付けはいたってシンプル。
まず塩をして、次に酢を入れます。軽く混ぜて酢で塩が完全に溶けたら、オリーブオイルを入れ、さらに混ぜます。サラダにする葉物の水気はよく切ること。
調味料を入れて混ぜるときは、手で混ぜると、より美味しくなるとButakoは信じています。(イタリア語:味付けした=conditoはcon dito→指の入ったというダシャレにちなんで)
 香り付けに生のローズマリーを少し入れると、ぐんと違う印象になりますョ。
これは激ウマなので、是非お試しください。

イタリアではパック詰めのミックスサラダをスーパーで見かけます。洗って、ちぎってあるので後は味付けするだけです。手軽さが受けていますが、実はバクテリアの温床。新鮮なパリパリサラダは是非お手製で家族に提供したいものですね。

                                                     Butako
 
       
[PR]
by butako170 | 2008-02-05 06:57 | プレシディオ・食材
春の野草採り
 d0033983_2335075.jpg 
 1月は風邪や日本語教室の準備に追われていたButakoですが、先日久しぶりに山歩きに行ってきました。「野草を勉強したい」というButakoの要望に、しなやかに応答してくれる山の師匠ジョバンニ。風邪の後で体力のないButakoのためにチョイスしてくれた場所は、バルネリーナ渓谷の外れにあるオリーブ畑でした。

 マッテレッロ(matterello)という村にある小さなオリーブ畑。
この村の名の由来はマッタレッロ(麺棒)から来ています。
 昔、敵が攻めてきたときに、こん棒として麺棒を活用したそう。そして…外で悪さをして帰ってきた亭主に、灸をすえようと妻が用いたのだとか。
ユーモアを交えながら話してくれるジョバンニです。

 野草はオリーブ畑のあぜ道にありました。
それが探すというよりは、そこらかしこに生えているんです。ジョバンニは草の名前と特徴を説明しつつ手早くナイフで採っていきます。名前をメモしつつ、特徴を必死に覚えるButako。
なんと8種類も自生していました。

d0033983_2272748.jpg
修道士の髭にその形が似ていることから名づけられたバルバ・ディ・フラーティ。
モスグリーンの可愛い形の草は「野ウサギの狩り」という名を持つカッチャ・レープレ
塩茹でやソテーして食べるとおいしいんはスカシレッレグリスピーノです。この地方ではこれらにチコリを混ぜた3種をミックスにして茹でて食べます。
(写真はバルバ・ディ・フラーティ)

 d0033983_2283476.jpg 
産毛のような繊毛に覆われたボラージネはサラダや茹でて。葉をかじるとキュウリがします。今はちょうど花の時期で、紫の星型をした花が我々を楽しませてくれました。酸で花の色が変わるのでサラダに入れると楽しいですね。
リゾットや卵焼きに入れると美味なのはストリーゴロ。肉厚な葉は加熱料理が向いています。
お馴染み香り高いミント。ジョバンニの故郷ノルチャでは、卵焼きに入れるのがトラディッショナル。
日本人が好きなノビルも発見!
わわ、野生のルッコラもあります。
(写真はボラージネ)

 d0033983_2314090.jpg 
慣れてくると、Butakoが先頭に立って、野草を採っていきます。でもそれと気づかずに通り過ぎることも多くありました。まだ見分けがつかないのです。
一方ジョバンニは、まるでセンサーでもついているかのように、緑の雑草のなかから、目当ての野草を瞬時に見つけます。
「わしの目は慣れているんだよ、野草に」

小さい頃、おばあちゃん子だったジョバンニ。
そのおばあちゃんは、自然を愛し、いつも顔に微笑をたたえていたといいます。
小さな体を折り曲げ、いつも散歩していました。散歩のあとは、必ずそのポケットに何かしら入っていたそうな。栗の実だったり、野草だったり、野生のリンゴだったり。ジョバンニが野草を覚えたのは、おばあちゃんの影響なのです。

そして彼女はその宝物を洋服ダンスに隠していました(老人特有のクセですね)。だから彼女の部屋からはいつもリンゴのいい香りだったり、木の実の香りが漂っていたそう。
遠い目をしながら、ジョバンニはおばあちゃんの思い出を語ってくれました。
Butakoはおばあちゃんを知りませんがなんだか懐かしくなってきました。

さて、スーパーのビニール袋も野草で一杯になったので、野草狩りはこれでおしまい。ジョバンニお勧めの小さな村があるそうなので、そこを訪れることにしましょう。

                                                Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-04 02:40 | プレシディオ・食材
師匠と野草摘み
 先週、山の師匠と野草を採りに行きました。
今年最初の山登り。
追ってそのときの様子をアップします。その後訪れた農家では思わぬ接待を受け、上機嫌の二人。やっぱりウンブリアの田舎は最高!
d0033983_256943.jpg

                                      Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-03 03:03 | プレシディオ・食材
日本語教室、反応は上々★
 報告が随分遅れてしまいましたが、先週の金曜日、今週の月曜日に行った日本語教室は、まずまずの成功を収めました。
金曜日は6人来ましたよ。スタッフも含めると10人という結構な人数の中、緊張しつつ始めた授業。
まず、Butakoの簡単な紹介をした後、つかみのトークをします。日本の文化を良く知ってもらいたいため、回ごとにテーマを変えて話をするつもりです。今回は正月明けということもあり『干支』の説明です。
干支は『中国のホロスコープ』という呼び名で、最近イタリアでも知られてきています。
『西洋のホロスコープ』=12星座と違って年毎に動物が変わるので、イタリア人は自分がどの干支かということに、非常に興味を持っています。

つかみはバッチリ。どうやって干支の順番が決まったかという中国の古い逸話を用いるくだりは、特に聞き入ってくれました。
続いては『平仮名』の説明。50音図をみんなで発音します。
その後は簡単な『日常のあいさつ』をしました。

1時間程度の軽い授業でしたが、みんな楽しんでくれたよう。6人全員その後のレッスンにも参加してくれる、とのことでした。

月曜日は3人参加。うち一人は9歳の男の子!干支は、天体の動きも説明するので9歳には難しいかなと思いつつ、分かるかどうか聞いてみると…「ぼく、分かるよ!」という元気な声が返ってきました。この子とお姉ちゃんとで来てくれたのですが、なんと叔父さんが柔道の先生をしているそうで柔道一家。彼らも続けて通ってくれそうです。

来週の金曜日から5回にわたり、レッスンします。
どうか分かりやすく楽しい授業ができますように。

                                              Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-03 02:48 | 報告