<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
スポレートの祭り
 d0033983_21225445.jpg 
 1月14日(月)はスポレートの守護聖人・ポンツィアーノのお祭りでした。
午後4時、スポレートのドゥオーモに安置されている聖ポンツィアーノのがい骨(頭部のみ)が一年ぶりに公開されます。司教はシャレコウベをガラスケースに入れ、市民とともに賛美歌を歌いつつポンツィアーノ教会まで大行進します。
ケースに入ったがい骨は、日本人Butakoから見ると、ちょっとグロテスク。
でも大事な守護聖人の聖体なのですから、市民にとっては有り難いモノなのです。

話はそれますが、イタリアの教会には必ずといっていいほど、聖人のミイラや、聖人の体の一部(骨)、キリストにまつわる遺品などが安置されています。
ミイラを安置するなんて、気味悪いですよね。ガラスケースに、当時の衣服や靴を履いたミイラが、あるものはきちんとパラフィン蝋で顔をマスクされ、あるものはミイラのまんまで安置されています。
その前で信者は霊験あらたかにも、祈りをささげるのです。

 d0033983_21235625.jpg 
 そういえば先日ロベルトが、墓場で仕事することがありました。
「日暮れが近づくと、気味が悪いんだよ。どこかから声が聞こえてそうで」。
…もちろん半分冗談でそう言うのですが、最初は彼の真意が分かりませんでした。

「え、墓場怖いの?Butakoは一晩中だって、寒くなければ居れるよ。だって、死者っていったって灰が安置されてあるだけでしょ」。
「何言ってるんだよ、全部墓場にあるのは死者のミイラだよ」とロベ。
「…。」

d0033983_21244230.jpg 
 死者を焼かずに安置するのは、キリスト教の教えから来ているのでしょう。キリストが再臨した時、死者(キリスト教の)もよみがえる、という教理があるからです。死者を焼いてしまえば、よみがえりの時の器(からだ)が無いですものね。

私たちにとっては、本当になじみのない埋葬の仕方です。
ちなみにイタリアで火葬すると、火葬場が極端に少ないことから、多額のお金がかかるのだとか。

 さて件(くだん)の聖ポンツィアーノの祭りですが、Butakoは聖歌隊の奉仕で、ポンツィアーノ教会の儀式で歌うことができました。街の聖日のミサで歌えるなんて、幸せなことです。
聖ポンツィアーノは兵士でした。
彼は地震の守り主です。度々ウンブリア州を襲う地震で、スポレートはいつも被害を免れています。それは彼のおかげだと、市民は信じて疑いません。

                                              butako
[PR]
by butako170 | 2008-01-26 21:20 | 報告
スロー風土の食卓から イタリア通信
 『スロー風土の食卓から』  12回 ~菓子~   
 甘さ強烈 食後の‘友’
 d0033983_6444829.jpg 
 イタリア菓子といえばティラミスやパンナ・コッタが日本では空前のブームになった。フランス菓子に比べれば地味な感じがするが、実は十六世紀までイタリア貴族が職人に作らせた菓子はフランスを席巻するほど高いレベルだった。果物の砂糖漬け、タルト(焼き菓子)やジェラート…。今でも街の菓子屋で主役をはる面々が、五百年間も変わってないのにむしろ驚いてしまう。

 一方、素朴な地方菓子には地産地消の精神が根づく。クロスタータというタルトには、旬の果実をジャムにして、生地に載せて焼く。保存のためジャムには大量の砂糖。脳がしびれるほど甘く、牛乳に浸しながら、朝食やおやつに食べる。
 生地にはバターの代わりにラードを使うのでサクッと仕上がり、胃にもたれない。ブタを処分した際の豊富なラードはここでも利用される。
 
 シチリアでは、菓子にリコッタチーズをふんだんに使う。その一つがアラブ伝承のカンノーロだ。揚げたパイ生地の中には甘くコクのあるチーズがたっぷり。食べだすと泊まらない。鮮度が命の生菓子だから現地に行かないと食べられない。

 イタリア人は老若男女、甘いものが大好き。どうもこの好みは家庭で養われるようだ。
日曜日の昼前、街の菓子店がひときわにぎわう。安息日を尊ぶカトリック国でも、菓子店だけは開いている。菓子は大家族の昼食には欠かせない。一家の主である父親が買いに来る。

 30センチほどの紙のトレーに一口大のケーキやシュークリームが満載!種類の多さに「どれから食べよう」と大人でも迷ってしまう。菓子の後は、家族で散歩。バールで苦いコーヒーを飲み干せば、長い昼食が完了する。

「甘いものを食べないと、食事を終えた気がしない」とある男性。この国では食後のデザートを所望するのは女性だけではない。

                                                粉川 妙
[PR]
by butako170 | 2008-01-23 06:45 | 神戸新聞 掲載記事
PC直りました
 長らくご心配をお掛けしたPCが直りました!!
早い話がACアダプターを取り替えただけなんだけどね。
ついでにペルージャでコテコテのウンブリア料理を食べてきたゼィ。
そのときの様子はまた報告します。

今日はとりあえず報告まで。
あー日本語の無料レッスンまであと4日。うまく出来るか不安でちょっと焦ってるけど、残された時間で精一杯準備しようと思います★

                                     Butako
[PR]
by butako170 | 2008-01-22 04:18 | 報告
PC直るメドがたちました
 昨日、ペルージャにあるレ○ボのサポートセンターにPCを持参したところ、ACアダプターの故障であることが判明しました。
アダプタを交換することで問題は解決です。アダプタは2,3日後に届くということなので、知らせが来たら、またペルージャまで取りに行きます。

しかし日本ならクーリエサービス(家まで引き取りにきてくれる)があるのに、イタリアは企業しかこのサービスが適応されないそう。
サービスセンターまで往復9ユーロ(1500円)かけて半日仕事で持って行きました。
そして2,3日後に届くといわれましたが、イタリア人の2,3日は1週間と考えたほうがよいでしょう。そしてまた9ユーロかけて取りにいくとしましょう。

日本が便利すぎるのか、イタリアが不便なのか、判断できませんが、日本人の感覚が残るbutakoにとって、忍耐を強いられる国であることは確かです。  忍・忍

                            butako
[PR]
by butako170 | 2008-01-17 23:12 | 報告
PCの不調・・・のお知らせ
ただ今、ネットポイントにてブログを更新しています。
このたびで2度目の故障となりましたレ○ボのPC。充電がうまくできず、充電切れになったまま休止中です。
おかしい。。。私は海外の電圧対策+雷よけにPCプラグをつけているのですが、これのせいなのでしょうか。それともPCのコード自体が断裂したのかな?そんなに激しく扱った覚えもないし・・・。
とりあえず、海外補償に入っているので、イタリアのレ○ボに電話して対処してもらうことにします。それまでブログの更新、メールの返信が頻繁にできないと思いますが、ご理解ください。

                                       ブタコ
[PR]
by butako170 | 2008-01-14 21:45 | 報告
チャレンジ その1
ここ数日、風邪を引いてしまい、家でおとなしく本など読んでいました。
でもButakoちょっと焦り気味。
というのも、今月末日本語教室を企画しているのですが、その準備をそろそろ始める時期だからです。かねてから教えたかった日本語。
日本語教室開催は日伊の交流を図りたいというButakoの願いでもあり、イタリア語上達にもいいだろう…という挑戦でもありました。
確かに日本語を教えるには、日本語を知っていることはもちろん、イタリア語もきちんとしゃべれなくてはなりません。人に説明するのは、思いのほか難しいのを、Butakoは製薬会社のセールスを通して知っています。

まず2レッスンは無料で公開レッスンとして開きます。
幸いButako宅の同じ通りにあるネットポイントが場所を貸してくれるとのこと。
日本のマンガも売っている店なので、そこのお客さんはマンガ好き=日本好きが多いそう。
だからそこのお客にも宣伝して、公開レッスンに出席してもらいましょう。

d0033983_12669.jpg
 この2レッスンを見学し「興味を持った」「やってみたい」と思った人には、本レッスンの開始です。
週一で開催予定。生徒は5人以上集まればいいなぁと思ってます。
今月末の25日と28日に公開レッスンはします。
それまで準備を整えて、ロベ相手に10回以上デモをすることにしましょう。

今年初のチャレンジ、上手くいくように、がんばるぞー!

                                          Butako
[PR]
by butako170 | 2008-01-11 01:26 | 報告
今年もよろしくお願いします。
d0033983_8422318.jpg
 
遅ればせながら、2008年もよろしくお願いします!
今年は子年(ねどし)。『チーズはどこへ消えた』という数年前のベストセラーがありましたが、そのネズミたちのように、変化に機敏に対処できたらと思います。

 年明けのイタリアは、1月2日からもう仕事モードです。
役所もスーパーも普通に稼動しています。そう、彼らにはクリスマス休暇があるのです。
クリスマスの祝日のあとも聖ステファノの日があって、会社によっては元旦まで休み…という人もいるでしょう。
 我が旦那ロベルトはイタリアの暦通りに、飛び石連休でお仕事です。ごくろうさん!

d0033983_8431537.jpg 
 Butakoたちの年末は、というと、大晦日は親友フランチェスコ宅で12人がかりの大パーティでした。この日のディナーは、Butakoとロベ、チンツィアたちで用意しました。
5kgのラム肉のグリル。
スポレートご当地パスタ:ストランゴッツィ (もうみんな覚えてくれたかな?このややこしい名前)
縁起物の一皿は、レンズマメとコテキーノ(豚足のミンチ詰め)の煮込みです。
これはレンズマメのお金の形にあやかって、「銭がもうかりますよーに」ということです。
午前0時になると食べる年越しメニュー。

日本のおせちのようにもっとご利益メニューがあってもいいのですが、Butakoはレンズマメの煮込みしか、知りません。

d0033983_8435518.jpg 
さて、カウントダウンの後は、みんなでキスの雨を降らせます。
アウグーリ(おめでとう)と叫びつつ。
そして居間はディスコと化し、みんな一心不乱に踊ります。60歳のフランチェスコもノリノリです。イタリア人は年をとっても本当に元気。踊るのが大好きみたいです。

ほら、現にガリバルディ広場に行っても、生バンドで踊るのは、半分はハイエイジ。

そして市の計らいで市バスが今夜は『ディスコ バス』に。
うそじゃないですよ。前の行き先のところに、そう書いてある。

d0033983_8444438.jpg 
バス内は青や赤のネオンでキラキラ、音楽ガンガンで皆踊ってます。このバス、大晦日の深夜に無料で走るピストンバス。街の下手にあるガリバルディ広場から、上手の広場まで運行します。午前2時半にも関わらず、バスはすし詰め状態。
広場も超満員。

こうしてスポレート中が明け方まで大騒ぎしました。
途中でへたばって、ロベたちを広場に残して帰ったButako。(寝るためです)
今年の大晦日は、体力を温存して、朝まで踊るぞ!
                                          Butako
 
[PR]
by butako170 | 2008-01-05 08:44 | 報告