ミラノのバール三昧
d0033983_22243328.jpg
 
やっとミラノから帰って来ました。
今回のミッションはズバリ「ミラノのバール巡り&心地良いホテル探し」。

ホテルはあらかじめスポレートで調べてアポイントを取って行ったので、現地では取材の依頼をするのみだったのですが、バール探しはどっこい、足で回ってナンボの地道な作業。
丸2日間、足を棒にして歩き回ってきました。
ひゃ~久しぶりに歩いた~。

まったく、日頃イン・ドアでひたすらパソコンに向かっていたこの2週間とは、逆の生活です。
歩いて歩いて、ひたすらホテルやバールを回って…ちゃっかり翌日には筋肉痛になっていました。

バールのアペリティーボがかなり充実しているミラノ。
もともと西洋では夕食前に薬草由来の軽めのアルコール(アマーロなど)を飲み、胃を刺激し食欲を促してから、食事をするという習慣がありました。アペリティーボaperitivoとはラテン語のaperireが語源で、開くとか始点という意味があるんですって。

今ではバールで取るアペリティーボは、仕事と夕食の間のギアーチェンジとしてミラネーゼには欠かせないものになっているようです。
d0033983_0282421.jpg

(写真:ミラノのお洒落なバール。この2日間の昼食はバールでとりました。
時間のなかったbutakoは、イ・パニーニというドゥオーモ近くのバールで名物のパニーノを。(下・右)100種類ほどあるメニューのなかから、苦労して決めたのは『スペックとカプリーノ、トマトのパニーノ』。軽くトーストした上質のミニバケットで作ってくれたパニーノは、めちゃおいしかったです。また2日目はスペックとエメンタールの入った野菜サラダ、パン生地のバスケット入り。十分ボリュームありました。でもパスタ食べないと、なんかもの足りなーい。) 

d0033983_0353684.jpg 
ミラノはイタリアのなかでもアペリティーボが、もっとも華やかなる都市です。
会社帰りのサラリーマンが多いからでしょうか。
ハッピーアワーというもともとアングロサクソン圏の習慣をミラノ流にアレンジした、『飲み物をオーダーすればおつまみが食べ放題』という素晴らしいシステムがあります。

このハッピーアワーはだいたい18時~21時に行われていて、店によってはかなり充実してます。
海老のカクテルや牡蠣、寿司なんかも出てくるところもあり。
1杯6~10€の飲み物で、食べ放題なんて、お得ですよね。

d0033983_0363773.jpg
 
バールがたくさんあるミラノで、どこに行こう?と迷っている人は是非センピオーネ通りへ。
ここは平和の門の近くにある大通りです。
通り沿いにニョキニョキとバールが立ち並んでいるので、歩きながらどこが良いか決めるのも楽しいですネ。

ちなみにこの右の写真のアペリティーボは、午前11時に銀行の一角で振舞われていた客寄せアペリティーボ。butakoも誘われて、一杯頂きました。
それと引き換えに、きっちりとアンケートにも答えてあげましたけど。

そんなこんなで、アペリティーボが充実しているミラノ。
トラムと地下鉄と足を駆使して、いろいろと見ることができました。
このお仕事のアテンドは来月初旬くらいになりそうです。

                                                butako
[PR]
by butako170 | 2009-06-26 22:29 | 旅行記
<< イワシとフェンネル 御免あそばせ…只今ブログ滞り中 >>