ロベちゃん、誕生日おめでとう!
d0033983_2155487.jpg
3月23日は夫ロベちゃんの誕生日でした。
自分の誕生日、祝ってもらうのも、プレゼントをもらうのも嫌いな夫。。。

いつもbutakoが誕生日会を企画しようとすると、「めんどうくさい」とか「来る友人にプレゼントのことで気を使わせるのは悪い」と言って、毎回、二人だけでひっそりと祝っていたのでした。

今年も案の定、そのパターンで、先週末ま会を開く気がまったくなかったのですが、
前日になって、「しても、いいかな」と言うではありませんか!
おっと、うれしい心変わり。
4X歳の誕生日は、生涯に一回しかないから、オレが80歳になって、もう一回この年の誕生日をしたいっていっても、無理だもんな。
だったら、今年の誕生日、思いっきり楽しむのも悪くない。


ですって。
さすが、わが夫。最後はbutakoの思うまま…(自分で悟ったんだからそう言うわけではないか。)

「そのかわり、本当に親しい友人だけ呼んでね」という彼のリクエストに答えて
昨夜、私たち+彼の親友3人のこじんまりパーティをしました。
私も手をあまりかけたくなかったので、アンティパストとカレーのみという簡単メニュー。

しかしこれが思ったよりも簡単じゃぁなかった。
まずアンティパスト、butakoはできあいのを買うのが好きではないので手作り。
・プルーンのパンチェッタ巻き 軽くオーブンで焼いて
・タマネギとズッキーニ入りフリッタータ(イタリアの卵焼き)
・貧者のクロスティーニ(バターとアンチョビのソース)
・タマネギのバルサミコ酢煮込み
・エルベッタ(野草)のパイ
・お好み焼き
・牛肉のジューシー巻き寿司


そしてカレー粉から作るbutako特製チキンカレーは
寸胴鍋で2時間煮込んで。
仕上げにニンニクのすりおろしを入れるとよりコクがでて、食欲増進に。

〆はいちごショートケーキ。
今日は誕生日だからイチゴ奮発よん。


とまあ、すべて作っていたら5時間かかってしまった。
前日、ショートケーキのスポンジを焼きすぎて焦がしたのが誤算だったわね。
当日ケーキ作りをする羽目に。

それにしてもイタリアの生クリームって本当に美味ですよぉ。
粉砂糖をふわりと入れて泡立てるだけで、素材が良いから本当においしいホイップクリームができちゃうのです。

これらの料理の数々、ロベルトも友人たちも本当に喜んでくれました。
たくさん食べてたくさん飲んで、みんなご満悦の顔で、帰途へ着きました。
もちろんロベも大感激で、本当に喜んでくれました。
作った甲斐があった★

今年に入って油絵にも挑戦し、共同展覧会にも参加し、チャレンジし続けるロベ。
また絵を描いている間、オペラやクラッシック音楽も聞き出して、なんだかロック三昧だったロベの人生、新境地が開けつつあります。
パイプタバコもはじめたし…

こんな相方の変化に、butakoも良い刺激を受けています。
楽しくがんばる彼の背中に、励まされています。
                                                  butako
[PR]
by butako170 | 2009-03-25 02:17 | 報告
<< リヴィエラ・レヴァンテ やっと快晴 ペスト王国 ジェノバ! >>