乾燥ポルチーニ茸のスパ・作り方大公開
d0033983_1551470.jpg

 イタリア旅行で買ってきた、もしくは友人からお土産でもらった乾燥ポルチーニ、どうやって料理するの?リゾットが格別だと、Butakoは思っていたのですが、先日、スパゲティに入れてみたら、これもメチャうまでした。

ハルさん、お待たせしました。
Butako風、ポルチーニのスパゲティを公開します。

d0033983_1555027.jpg
 
材料:二人分 

スパゲティ:250g(結構多め)
乾燥ポルチーニ:二つまみ(約20g)
その他のキノコ:適量(たとえばシメジ半パック、マッシュルーム半パックなど)
ニンニク:一かけ
タカノツメ:少々
オリーブオイル:大さじ1
バター:一かけ
パセリ:大さじ2杯
塩:適量

※すべてのパスタ料理にいえることですが、パスタのゆであがりとソース完成のタイミングが同時になるようにしてね。

1.多めの塩を入れたたっぷりのお湯でスパゲティをゆで始めます。吸い物よりやや濃い目の塩分。

2.ポルチーニきのこをぬるま湯で15分ほどかけて戻します。
3.生のキノコはいしづきの部分を取って、汚れを落とし、やや大きめに切ります。
4.パセリはみじん切りにします。

(要点1)
乾燥ポルチーニは、二人分ならお茶碗に入れて、ひたひたにつかるくらいのぬるま湯で戻します。

d0033983_1565723.jpg 
5.にんにくを潰し、タカノツメと共にオリーブオイルで低温でじっくり炒めます。

6.キノコを入れ、中火で炒め、表面が色づいたら塩を少々入れます。

7.そこに戻しておいたポルチーニきのこを戻し汁と一緒に入れます。 (最後のほうは砂が混じっていることがあるのでもったいないけど、捨てます)

8.煮汁が半分くらいになるまで煮て、アルデンテに茹でたパスタをそこに投入。煮汁をパスタに染み込ませるように、煮詰めます。ここで、バターとパセリを入れます。

(要点2)火加減は強火。箸で絶えずかき混ぜて。2分弱くらいかしら。

最後にフライパンをあおり、ソースが麺にネットリと絡みついたら、出来上がり。 

(要点3)
スパゲッティの塩気があるので、味付け用の塩はほとんど必要ありません。でも薄いようなら、仕上げに煮詰める時点で、塩を加えます。(本当は邪道なんだけどね。)


d0033983_1572899.jpg
おいしそうな、茶色い麺に仕上がりました。
パルミジャーノは、今回はなし。あくまでもキノコの香りを生かします。

でも、もし生クリームソースで作るポルチーニパスタ(麺はタリオリーニなど)なら、パルミジャーノもかけるといいですよ。

今回のスパゲティは、麺と乾燥ポルチーニさえあればできる、シンプルメニューです。
でもびっくりするほどおいしいので、是非お試しを。
[PR]
by butako170 | 2008-06-25 01:49 | レシピ
<< カステッルーチョの花畑 発見!地元の八百屋さん >>