日本語教室、反応は上々★
 報告が随分遅れてしまいましたが、先週の金曜日、今週の月曜日に行った日本語教室は、まずまずの成功を収めました。
金曜日は6人来ましたよ。スタッフも含めると10人という結構な人数の中、緊張しつつ始めた授業。
まず、Butakoの簡単な紹介をした後、つかみのトークをします。日本の文化を良く知ってもらいたいため、回ごとにテーマを変えて話をするつもりです。今回は正月明けということもあり『干支』の説明です。
干支は『中国のホロスコープ』という呼び名で、最近イタリアでも知られてきています。
『西洋のホロスコープ』=12星座と違って年毎に動物が変わるので、イタリア人は自分がどの干支かということに、非常に興味を持っています。

つかみはバッチリ。どうやって干支の順番が決まったかという中国の古い逸話を用いるくだりは、特に聞き入ってくれました。
続いては『平仮名』の説明。50音図をみんなで発音します。
その後は簡単な『日常のあいさつ』をしました。

1時間程度の軽い授業でしたが、みんな楽しんでくれたよう。6人全員その後のレッスンにも参加してくれる、とのことでした。

月曜日は3人参加。うち一人は9歳の男の子!干支は、天体の動きも説明するので9歳には難しいかなと思いつつ、分かるかどうか聞いてみると…「ぼく、分かるよ!」という元気な声が返ってきました。この子とお姉ちゃんとで来てくれたのですが、なんと叔父さんが柔道の先生をしているそうで柔道一家。彼らも続けて通ってくれそうです。

来週の金曜日から5回にわたり、レッスンします。
どうか分かりやすく楽しい授業ができますように。

                                              Butako
[PR]
by butako170 | 2008-02-03 02:48 | 報告
<< 師匠と野草摘み スポレートの祭り >>