今年もよろしくお願いします。
d0033983_8422318.jpg
 
遅ればせながら、2008年もよろしくお願いします!
今年は子年(ねどし)。『チーズはどこへ消えた』という数年前のベストセラーがありましたが、そのネズミたちのように、変化に機敏に対処できたらと思います。

 年明けのイタリアは、1月2日からもう仕事モードです。
役所もスーパーも普通に稼動しています。そう、彼らにはクリスマス休暇があるのです。
クリスマスの祝日のあとも聖ステファノの日があって、会社によっては元旦まで休み…という人もいるでしょう。
 我が旦那ロベルトはイタリアの暦通りに、飛び石連休でお仕事です。ごくろうさん!

d0033983_8431537.jpg 
 Butakoたちの年末は、というと、大晦日は親友フランチェスコ宅で12人がかりの大パーティでした。この日のディナーは、Butakoとロベ、チンツィアたちで用意しました。
5kgのラム肉のグリル。
スポレートご当地パスタ:ストランゴッツィ (もうみんな覚えてくれたかな?このややこしい名前)
縁起物の一皿は、レンズマメとコテキーノ(豚足のミンチ詰め)の煮込みです。
これはレンズマメのお金の形にあやかって、「銭がもうかりますよーに」ということです。
午前0時になると食べる年越しメニュー。

日本のおせちのようにもっとご利益メニューがあってもいいのですが、Butakoはレンズマメの煮込みしか、知りません。

d0033983_8435518.jpg 
さて、カウントダウンの後は、みんなでキスの雨を降らせます。
アウグーリ(おめでとう)と叫びつつ。
そして居間はディスコと化し、みんな一心不乱に踊ります。60歳のフランチェスコもノリノリです。イタリア人は年をとっても本当に元気。踊るのが大好きみたいです。

ほら、現にガリバルディ広場に行っても、生バンドで踊るのは、半分はハイエイジ。

そして市の計らいで市バスが今夜は『ディスコ バス』に。
うそじゃないですよ。前の行き先のところに、そう書いてある。

d0033983_8444438.jpg 
バス内は青や赤のネオンでキラキラ、音楽ガンガンで皆踊ってます。このバス、大晦日の深夜に無料で走るピストンバス。街の下手にあるガリバルディ広場から、上手の広場まで運行します。午前2時半にも関わらず、バスはすし詰め状態。
広場も超満員。

こうしてスポレート中が明け方まで大騒ぎしました。
途中でへたばって、ロベたちを広場に残して帰ったButako。(寝るためです)
今年の大晦日は、体力を温存して、朝まで踊るぞ!
                                          Butako
 
[PR]
by butako170 | 2008-01-05 08:44 | 報告
<< チャレンジ その1 七人のサムライ >>