初めての豆腐作り
d0033983_21284696.jpg
 先日スローフード播磨と豆腐屋さん共催の『豆腐百珍の会』に参加しました。
参考:4月20日の記事はこちら

 6月2週目の百珍の会では、豆腐作りを実施。
今までは江戸時代のレシピ本の再現(豆腐を使った料理)だったのですが、このたびは基本に戻って豆腐を作るとのこと。
 butakoにとっては、願ったりでした。
というのも最近、自宅で豆腐作りにチャレンジしたものの、上手く固まらず失敗。
イタリア行きを目前に、なんとかマスターしたいと思っていたところだったのです。

 実施場所はいつもどおり姫路の梅沢豆腐店さんです。
店主の梅沢さんは温和で真面目な方。丁寧に豆腐の作り方を教えてくれます。
butakoは梅沢さんの柔和な笑顔の一ファンなのです。

 d0033983_21275182.jpg
 実践してみて目からウロコ!豆腐作りには大事な要点がありました。

①豆成分8%以上の豆乳を使うこと
②にがりを入れる温度は75~80℃
③にがりは水で薄めて徐々に入れると、かたまりが出来ないので良い


どうやら前回失敗したのは①②いづれかのポイントをはずしていたためでしょう。

にがりを入れて10分ほど置いた豆腐、木型に入れると木綿豆腐、ざるに揚げるとざる豆腐、鍋のまま放置するとおぼろ豆腐になるというわけです。

 d0033983_21272393.jpg
 参加者たちは豆腐作りを終えると、22種類のトッピングの支度にかかりました。
トッピングは納豆とモロヘイヤ、鮭といくら、ミンチとなす味噌、ミョウガ等・・・作業すること90分、それではお待ちかね試食タイム。

 22種類の豆腐のトッピングを卓上に並べます。
圧巻!豆腐バイキングみたい。
まずは何もつけないでいただきましょう。うーん、大豆の優しい甘味が口に広がり美味。国産大豆はコクもあり、豆腐自体に力があります。そして冷奴バイキングを堪能。

d0033983_2148361.jpg
 九州の郷土料理おからの寿司もクセになる味わい。おからに混ぜ込んだ生アジと酢がさっぱりとしていて、みなさんパクパクと食べていました。

 これで豆腐作りは一通りマスターしました。ミキサーと温度計を買えばいつでも作れるというわけです。幸運にもロベルトは大の日本食好き。豆腐を作ると喜んで食べてくれるでしょう。あちらでは週2回は日本食を作りたいと思っています。

 『スローフード播磨』の皆さま・・・半年間という短い間でしたが、こちらの活動に参加させていただきありがとうございました。これからも地域の活性と郷土料理の伝承のため、がんばってください。
 butakoもウンブリア州の支部にて活動をしていきたいと思っています。

 そして、読者の皆さま・・・もしスローフードの活動にご興味があるなら、地元の支部にコンタクトを取ってみてください。活動を通してふるさとの食や素敵な人々に出会えるでしょう。地元がもっと好きになること間違いなし。

 地元の支部を探すには
「国内のコンヴィヴィウム」をクリックしてみてください。
スローフード ジャパン
                                               butako
[PR]
by butako170 | 2007-06-25 20:27 | ハリマ(地元)ネタ
<< 出発目前  神戸新聞エッセイ 6月1日夕刊掲載 >>