レモンの若葉
d0033983_191104.jpg
 6月末の渡航を控え、家で原稿を書いていることが多いのですが、庭の緑には心が癒されます。
特にレモンの若葉が、そよ風に気持ちよさそうに吹かれる様子は和みます。
なぜかそこだけ時間がゆっくり流れているような…。

Butakoは6月末、住み慣れた日本を離れ、イタリアへ嫁ぎます。
本当はブログでは言わないつもりだったのですが、隠すことでもないし、私の今の心境も少し綴りたかったので、思い切って公開しますね。

 昼下がり、このレモンの葉を眺めていると「こんな風に実家で過ごすのも、最後だなー」としみじみ思えてきました。24時間、両親と過ごせる最後の時期です。
Butakoにとって、こうして彼らと日常生活を送れることが、今はとても尊く感じます。
今日の昼食に、本場で習ったパゲッティを作ると「有難いなぁ、こんな美味しいパスタ作ってもらえて」と父がとても喜んでくれました。母と畑を世話しながら、もぎたてイチゴをその場でパクリ。赤く染まった歯を見せ、母子で微笑むのでした。

 現在、母はbutakoがあちらでの結婚式(市役所で挙げるほう)に着る礼服を作ってくれています。父はbutakoの神戸新聞用の原稿を校正し、プロの目で指導してくれています。
両親には最後までお世話になりっぱなし。
親孝行らしいことは特に出来なかったなぁ。
しかもこうして遠いところに嫁いでしまうなんて、ちょっぴり申し訳ない。(と言いつつ、取りやめる気はないのだけれど)

 レモンの若葉を見て、両親に対する深い感謝の気持ちが溢れてきました。
レモンの木には、すでに白く可憐な花も付けています。
しかし実が成る頃には、butakoはいません。せめてリモンチェッロの作り方を母butamiに伝授しておくとしましょう。リモンチェッロを飲みながら、健康で夫婦仲良く過ごしていてください。
butakoもブタ川家に負けないくらい、楽しくてオモシロイ家庭を築いていきますから。

                                             butako
[PR]
by butako170 | 2007-06-04 19:01 | 報告
<< 航空券で悩む 畑でストレス解消 >>