イタリアの大空を飛ぶ その1
かれこれ3週間ほど前になりますが、「イタリアの空を飛びたい」と軽量飛行機に乗りに、日本からやってきたお客様Oさんがいます。
d0033983_1646411.jpg


ここイタリアには飛行機愛好家が多く、飛行場とも呼べないくらいの小さな離着陸場所(イタリア語では○○と言います)が、無数にあります。
主に飛行機愛好家たちが、クラブチームを作り、運営しています。

butakoもたまに軽量飛行機が気持ち良さそうに飛んでいるのを、街の空でたまに見かけていたので、飛行場があることは知っていました。
ただし、Oさんから相談を持ちかけられるまでは、リサーチをしていなかったのです。

こちらが軽量飛行機専用の飛行場。
軽量飛行機操縦学校の教習所でもあります。

その飛行場を仕切るボスがこちらのオヤジ、ピーノさんです。
d0033983_16474769.jpg

渋い!!
事前に小型機の情報や注意事項をいろいろと教えてもらいました。

機体:Tecnam P92
セスナではなく、Ultraleggeroというカテゴリーの小型機。イタリア製。
時速:160〜180km
高度:10000-14000フィート(3000-4200m)
人数:パイロットを含めて2人、荷物は持ち込んでもOK
体重制限などはありません。

<できること&注意点>
◆最高3時間までの遊覧飛行
◆希望者は運転させてもらえる
1日2回×3日間講習を行うと、最後は自分で操縦できるくらい上達する。
(ただし正式な免許はもらえません)
◆理想的な飛行時間は、片道1時間半ずつ、計3時間。(もっと短くても良い)
最大で半径200〜250km以内の移動となる。
飛行前に打ち合わせを行い、どういったルートや何がやりたいかなど、ピーノと一緒に決める。
(素敵な景色が見たい、ある程度運転を自分でしたい…等)
その際は、粉川が通訳をする。
機上では、ピーノとは簡単な英語でやり取りを行う。
◆飛行は天候に左右される。
雨、強風の場合は難しい。(予備日なども含め3日間くらいスポレートにいるのが良さそう)

な〜るほど。

ピーノさんは、イタリアアクロバット飛行大会で2度優勝した程の実力者。
実際お会いすると、冷静沈着だけど、温かい人柄です。心底飛行を愛しているのがひしひしと感じました。また飛行学校は、教習を1日最高10回ほど行っていますが、これまで無事故です。

スポレート入りをしたOさん。
飛行の前日は、挨拶と下見も兼ねて、飛行場へ行きました。
夕暮れの飛行場。
後ろに見えるトレヴィの村が夕映えしてとってもきれい。
この夕日が明日の晴天を約束してくれています。
d0033983_171849.jpg

(見慣れない飛行機…こちらオートジャイロと言います)

さてさて、この飛行場、Bar&レストランが隣接しているのもうれしいところ。
下見のあとは、レストランでのお食事です。
d0033983_1702189.jpg

ピザ釜もあるというので、ロベルトはピッツァを、Oさんはトリュフのストランゴッツィ、私は野菜の盛り合わせを頂きました。
d0033983_1704469.jpg


レストランの内外装は飛行機好きにはたまらないモチーフがちりばめられています。
d0033983_16593746.jpg

よく見るとナプキンは紙飛行機に折られていて、ちょっとしたことですが、感心してしまいました。
午前はアッシジ観光し、フライトは午後からです。
楽しみだなぁ。
d0033983_16494020.jpg

(後ろで盛り上がっていた壮年のおじさまたち。ドイツ語のような会話もちらほら)


               butako170
*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2015-06-06 16:18 | 報告
<< 日伊展OVe'STが開幕! パレストリーナ再訪記 >>