【ウンブリア刺繍の現地講習ご案内】 4月5月6月開催
d0033983_6145528.jpg

もうFaceBookの案内を見て、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、友人の取り組んでいるUNITI DA UN FILOというウンブリア刺繍を保存する会が、2015年4月5月6月と刺繍教室を現地で行います。

実は、このブログでも過去の累計の記事ランキングで『イタリア刺繍って深い』という記事が、第2位と非常に人気があります。

イタリア刺繍のなかで『プント・アンティーコ』は日本でも認知が上がってきましたが、個性的で非常にローカル色の強いウンブリア刺繍は、まったくと言っていいほど知られていません。

この研修では、4泊5日を1クールとしてソルベッロ刺繍とナッピーナを学びます。
詳しくは、UNITI DA UN FILOのサイトをご覧下さい。

レッスン催行日 < 最低催行人数8名様 >
4月コース ソルベッロ刺繍:4月19日   
飾り房:4月23日  
申込み締め切り 3月10日

5月コース ソルベッロ刺繍:5月17日   
飾り房:5月20日  
申込み締め切り 4月10日

6月コース ソルベッロ刺繍:6月7日    
飾り房:6月11日  
申込み締め切り 5月1日

ソルベッロ刺繍(プント・ソルベッロ)
d0033983_6194563.jpg

(写真:ジュゼッパ・フェデリチ女史の本より)
別名プント・ウンブロとも言い、ピスキエッリ刺繍学校のロメーナ・ラニエリにより確立された技法で、元々はアラブやポルトガルの技法をもとにしています。

生地に、白糸か緑、青色の太い糸で刺繍することで、浮き彫りのような効果を出します。
Youtubeの説明

d0033983_601256.jpg
飾り房(ナッピーナ)
またテーブルクロスの四隅やカーテンの縛りヒモに着けるための飾り房も手作りします。まるでサンブーコの花のように繊細で美しいカタチ。留め具に、デルータ製の陶器を使うとさらに気品が増します。
まったく刺繍をしたことのない方でも、手仕事が好きな方でしたら、仕上げることができますよ。

それ以外にもチュールに刺繍するパニカーレ刺繍、アッシジ刺繍、マダム・カテリーナ刺繍など色々とあります。詳しくはこちらの記事をご参照下さいネ。

d0033983_61883.jpg


*************************************************
旅サイト『ウンブリアの食卓から』がリニューアルになりました。
是非、チェックしてみて下さいね!!
**************************************************
アーティスト ロベルト・ピビリからのご提案
・店舗のシャッターのペイント(店内装飾や室内装飾)
・御社のテーマに沿った絵画
・ロゴや商品パッケージ用のイラスト

お気軽にご質問、お見積もり承ります。
サイト:http://tarosauc7.wix.com/roberto
メルアド:tarosauce★hotmail.it
(★を@に替えて下さいね)

*************************************************
ウンブリア旅行、スローフード研修ならbutakoにお任せ!
*************************************************
d0033983_0334619.jpg
詳細は『ウンブリアの食卓から』をご覧下さい。
研修旅行や商談通訳などにも応じますので、お気軽にbutako170★hotmail.co.jpまでお問い合わせ下さい。(★を@に変えて下さいね)
[PR]
by butako170 | 2015-02-25 06:04 | 報告
<< スーパーマーケットはお土産物の... 谷で一番美しい教会 Vallo... >>