雪景色見ながらドルチェでもいかが?
d0033983_7115699.jpg

長らくブログが滞ってしまってすみません。
友人が5年ぶりに日本からウンブリア界隈に来てくれたので、二人で色々と遊びに出かけていました。ブルネッロ・ディ・モンタルチーノやキャンティ・クラッシコの試飲会など二人で出かけて、ますますイタリアワインにはまっています!!

d0033983_7124490.jpg
もう2週間前になりますが、山の師匠ジャンニとネリーナ谷に出かけた際の報告です。

大雪が降った後の晴天をねらって谷へ繰り出した私たち。
ジャンニ推薦の「谷で一番おいしいチーズ」を作るお宅にオーダーしておいたチーズを取りに行く、とジャンニ。谷で一番って、あのペコリーノDOPで有名なノルチャもカステッルーチョも含んでですから、相当おいしいに違いない!!
スポレートから車で走ること40分。
モンテレオーネ・ディ・スポレートという町の近くにある一軒家。
「ブォンジョルノ(おはようございます)」と大きな声で挨拶するジャンニ。

d0033983_713321.jpgするとゴム長靴を履いてサングラスをかけたおばあさんが登場しました。サングラスは、もちろん雪でまぶしいからです。
「11月にこちらでチーズを予約したんじゃが、あるかね?」
「あぁ、シニョール、取って置きましたとも」とニッコリおばあさん。
しかし、すごい雪だねぇ、としばらく話しこみます。
スポレートはほとんど溶けたけど、谷はこんなに雪深いなんて。
「そうでしょうとも。でもね、Sotto la neve,si trova il pane(雪の下にはパンがある)っていうから」、というおばあさんの言葉に、butakoがどういう意味?って顔をすると、「雪で土が軟らかくなって、この年は作物がよく実るっていうことよ」と説明してくれました。

そうか、ソット・ラ・ネーヴェ・シィ・トローヴァ・イル・パーネか。
ジャンニと顔を見合わせて、にっこりしました。農家の生活ってやっぱりいいなぁ。
わらを保管している天井の高い小屋には、カラフルな雄鶏、よく動き回る雌鳥、そしてちょっとすました孔雀までおりました。
田舎の家ってたまに孔雀飼ってるよねぇ。何に使うのか分かりませんが。

少しの間、家に上げてもらい、ジャンニがオーダーしたチーズを、計量してお会計をしていました。台所は昼食の用意をするお孫さんがいて、茹でたばかりのジャガイモが、きれいに皮を剥かれています。うーん、高原で採れるジャガイモって甘みが凝縮して、ほっこりして、驚くほどおいしいって知ってますか?

d0033983_714369.jpg

その後、モンテ・レオーネ・ディ・スポレートの町を散策し、道が凍っているのも知らずにbutakoはすってんころりと尻餅ついちゃった。(でもまず心配したのは一眼レフ)
d0033983_7153969.jpg

町の家の壁に塗り固められた古い紋章が美しくて、何枚も写真をとってしまいました。
車はラッツィオ州目指して走ります。

d0033983_7161914.jpg

途中レオネッサという村で、おいしいパスティッチェリアに寄って、甘味を物色。
d0033983_7164724.jpg

この町は、以前、オルガン奏者のオスカルと一緒に来ましたねぇ。

そして、谷で一番眺めが良いという村に到着しました。
d0033983_7172184.jpg

実はジャンニの今回のドライブの目的は、この村の高台から見える雪景色を撮影すること。
ローマ時代から商品をたくさん積んだ行商人や、軍隊が行き来したこのエリア。谷が美しく見えるところ。
「ワシは、この平原が麦が緑になる頃に、風で麦の穂がいっせいに揺れるのを見るのが好きなんじゃ。まるで風の通り道みたいだからのう」
次回は、麦が育つ頃に参りましょう!
butakoも是非、その風景、見てみたい。
d0033983_7194472.jpg

冬の間は、ほんの数家族しか住んでおらず、私たちの到着したときは猫たちがお出迎え。

この景色を見ながらパニーノで食事を取り、そして車を駐車している村の中心まで戻りました。
「そうじゃ、買ってきたドルチェを食べよう。今日はバレンタインだからのう。」と還暦過ぎたジャンニがなかなかイカスことを言い出しました。
d0033983_720213.jpg
そしてカラフルなひざ掛けを車のトランクから取り出すと、その上に色々と並べはじめました。
まずおばあさんの所で買ったリコッタチーズ、レオネッサで買ったシュークリーム、ジャンニ手作りのオレンジピールのチョコレートがけ。。。
そしてとっておきは、おいしいグラッパ。
猫たちも興味身心で、プチ饗宴を眺めています。
d0033983_721111.jpg

リコッタは少し水分が抜けて3日目くらいのもの。素朴で羊乳のミルキーさが際立つ味。
シュークリームは中のカスタードクリームが丁寧に作ってあり、美味♪スポレートではこんなにおいしいのは、見つからないかも。
オレンジピールは砂糖で軽く煮ているだけなので、オレンジのフレッシュ感とほろ苦さがとってもいい感じ。それをビターチョコレートが上手くまとめていて、つい食べ過ぎてしまう味です。

可愛いベンチ。ここでしか食べられない唯一無二の素朴なドルチェに囲まれて、ちょっと幸せなひと時でした。
ちなみにその夜は、ちゃんとロベちゃんとバレンタイン・ディナーを楽しみましたよ。(自宅でですが、奮発してハート型のラビオリを作りました。)
                            butako
[PR]
by butako170 | 2012-03-01 07:21 | ウンブリア自然・山歩き
<< 4日間の北イタリアチーズを巡る周遊記 カーニバルも今日が最終日 >>