谷の村でお呼ばれ
d0033983_22433027.jpg
最近、晴天が続くウンブリア。
昨日は、イタリアのオジサンたちチョイ悪親父たちに囲まれて、ちやほやされちゃいました。山の師匠ジャンニから、ミンモのところでランチをするから一緒にどうじゃ?
と誘われ、二つ返事で同行したbutako。

ミンモは、谷にある小さな村ポッジョ・クローチェ出身。12歳の時にローマに移り住んで以来、そこでの生活が長かったのですが、中高年になって故郷の良さに気づき、以来、5月から10月まではこの村で暮らすようになりました。
ヴァルネリーナの谷にはよくある、二重生活。
つまり両親の家をセカンドハウスとして利用して、ローマと谷を行き来する生活です。

d0033983_22441019.jpg
ミンモの家に行く前に、師匠の仕事に同行します。
谷をこよなく愛す師匠は、山岳協会の道しるべに載せる写真を撮影したり、ノルチャのカンファレンスの手伝いをしたり、とPRに努めています。

Cerretoのこの開かずの教会Santa Maria dellibera(15-17世紀)を訪れたのは、Bell’Italiaという旅行雑誌(Mondadori社発行)に投稿するため。自分から積極的に動く師匠に、butakoも確実に感化されています。

教会内の見事なフレスコ画の数々。『慈愛なる聖母(マドンナ・ディ・ミゼリコルディア)』は、butakoが大好きなモチーフの一つです。
聖母の両脇には、聖ペテロ(左)と聖ロッコが描かれています。
ペテロは、天国の鍵を握る…ということでシンボルは鍵。聖ロッコは、ペストから生還した成人なので、太ももにペストの跡が残っています。

d0033983_22521476.jpg

慈愛なる聖母の図は、完全なるシンメトリー(左右対称)です。神聖を表す青い色のマントを広げ、左右に男女の信者が祈りを捧げています。ペストの聖人ロッコが描かれていることから、ひょっとしたら描かれた時期は、15世紀後半なのかもしれません。なぜならウンブリア一帯にペストが広がり、多くの信者たちは、それが沈静するように祈りを捧げたからです。
(ミゼリコルディアの説明は後ほど)

d0033983_2302175.jpg

後陣のクーポラには、こんな可愛らしいフレスコが。
演奏をする天使たち。楽器の様子からは、ルネッサンスでしょうかね。

d0033983_2311683.jpg

足元の床をみれば、お墓がいくつかありました。その蓋には、紋章が。↑これって、フリーメーソンの象徴であるコンパスだよね…と師匠。言われてみればそうかも。

d0033983_231396.jpg

2階部分へあがります。
面白いフレスコ画が壁の両端に残っていました。
生首を持つ骸骨たち。そこには、Memento Homo Qvod Svm Eris(汝は塵なれば また塵に帰るのみ by 師匠)、という文字が描かれていました。

鮮やかな色彩。骸骨を囲むように描かれる日常のオブジェ。(きっと特別な意味があるに違いない)

そして反対側の壁の大理石には、ミゼリコルディアの活動について書かれていました。
病気やけがの際の搬送や死者の埋葬のための移動…そう彼らの活動は『移動させる』こと。地元の教会の慈善事業として行われた『移動ボランティア』は、しばしば、徳を積んでいるところを他人から見られないように、頭巾を被って活動しました。
匿名性をもたせて、高慢の罪から逃れる(徳が自慢になることを嫌ったのです)ためでした。

ミゼリコルディアといえばフィレンツェが有名ですが、中世から各地にあったんですね。

d0033983_2314461.jpg
そして、写真撮影が終わると、ミンモの住むポッジョ・クローチェへ。
途中、早めのランチを食べる羊飼いのオジサンにご挨拶。
パンをナイフで切り取りながら、生ハムと食べていたおじさん。
羊飼いの雰囲気かもしてます~。

そして2年ぶりにミンモに再会。
ジャンニの旧友のロマーノとも、久々です。

d0033983_23144038.jpg

相変わらず優しくて、気配り上手!菜園や庭から積んできた野の花を、ガラスのコップに活けてくれました。すごくキュート。気の効いた演出に、「今日は若い女の子がいるから、本当、特別扱いしているよな」とジャンニから冷やかされていましたよ。
ちなみにミンモは、ドメーニコの愛称でしたーって、ミンモとドメーニコって全然似てない。

d0033983_23163775.jpg

今日は天気がいいので、もちろん外で食べましょう。
準備の間も、鳥の巣の解説をしてくれたり、サラダに入れる花を取ってきたりと、忙しくするミンモ。

d0033983_23184761.jpg

この日のランチは、ジャンニが谷で取ってきたキノコのパスタ2種類と、同じソースで作ったブルスケッタ。一皿目の、クリトーチペのパスタが最高に美味でした。
d0033983_2322231.jpg

大量に採っては、冷凍するジャンニですが、これは去年のもの。半分は冷凍モノ、半分は乾燥したものを使い、クリトーチペの旨みを最大に引き出しています。
お肉が全然入っていないのに、すごくリッチ。薫り高くて最高!

二皿目は、ドゥリーノとトマトです。ドゥリーノは煮込まれてトロリとしていて、半生に仕上げられたトマトの甘みが出て、美味しい。
山の師匠は、実は料理の師匠でもあった!!

パスタはもちろんディチェコです。
食にこだわるイタリア人は、たいていディチェコ愛好家ですね。

d0033983_23215535.jpg

山盛りのサラダは、ミンモが見繕ってきてくれたもの。野草をふくめた10種類以上の葉野菜がミックスされています。タンポポやケシの葉、ルッコラやあとミントの香りのする葉っぱ(でもミントではない)などありました。

最後はロマーノが持ってきてくれたビスケットで〆て、大満足の昼食会でした。
イタリア男子を両手に、butakoはモテモテでしたよ。

次回、また機会があったなら、私も何か手作りのものを持っていこう!

お金をかけずとも、谷のもの、家のもので豊かな食卓を作り、楽しい話で盛り上がれるイタリアの生活って、いいなぁ。

                              butako
[PR]
by butako170 | 2011-05-26 22:28 | ウンブリア自然・山歩き
<< 変革の風?大敗するベルルスコーニ! イタリアから東北へのチャリティ >>