ウンブリアの食卓から ~ユリさんのブログ紹介~
d0033983_190411.jpg


5月の半ばに、butakoの主宰する『ウンブリアの食卓から』グルメツアーにご参加くださったユリさん。
生後9ヶ月のイツくんを連れて、イギリス在住のお友達AIさんとともに、自然と中世の町並みあれるウンブリアを訪れました。
その時の様子を、ユリさんのブログ『今日のNico Nico』で綴って下さっています。

ウンブリア旅行の出来事を克明に臨場感たっぷりに書いてくださっているので、どんなことがツアーでは行われているか知りたい方には、うってつけ。
butakoも、こんな風にユリさんたちが楽しんでくださったんだなぁ、ということが分かり、ありがたいやら、うれしいやらでした。

d0033983_18354070.jpg 

ユリさんは、姫路でイタリア料理教室Nicoを開催されています。
それまでトスカーナやピエモンテの料理店で修行をつまれ、本場の味をきちんと学んでから、日本へ帰国し、2年間かけて調理師の免許を取られた努力家さんです。

いままで行きなれたイタリアを、今度は愛息子さんと。
生後1年未満のお子さんを連れての旅は、想像以上にプレッシャーと不安があったにちがいありません。でも今回は、現地ガイドを利用して、パドヴァ、スポレート、サルデーニャ島(島では、旦那様と合流)と、周到なプランをたてて、安全に旅ができるように図られたのでした。

これって、小さい子供がいるから無理だわ…とあきらめていた若いお母さんにも、参考になる事例かもしれません。現地のサポートがあるから、できる旅。

d0033983_1857978.jpg 
(料理教室の先生ルチャーナとイツくんのツーショット)
また小さいお子さんを連れていたら、イタリアの旅は、思わぬ発見があります。困った時に、すっと助けてくれるイタリア人(これはお子さん連れに限りませんが)だったり、見ず知らずの店員や住人が「まぁ、かわいいわねー」とか「アモーレ!」とか話しかけてくれ、温かい交流ができたりするのです。
(日本人が西欧人の赤ちゃんをカワイイと思うように、こちらの人は東洋人の赤ちゃんをすごーーーくかわいいと思っています)

お子さんがいて、イタリア行きをためらってらっしゃる方は、是非一考されていもいいかもしれませんね。
                                         butako
[PR]
by butako170 | 2010-07-23 19:11 | 報告
<< 死者と近い?イタリア生活 ウンブリアの夏風景 >>