ヴェネツィア!!
d0033983_1546378.jpg

北イタリアの旅路にもどります。
次回は、ヴェネツィア・・・というところで、2週間ほどまえのブログが終わっていたのでヴェネツィアを。
d0033983_1547879.jpg

ロマネスク様式が複合的に残っているサン・マルコ教会。編集者の方が外観を可能な限り撮影している間に、私は広場で日向ぼっこ。





ヴェネツィアでは人間観察が楽しかったりして。

鳩にえさをあげる子供たちや、地元のご婦人、船乗りたち。春のうららかな日差しのなかで、そんな様子をぼんやりと眺めるのも面白いですよね。










あるイタリア人一家は、小さい子供さんたちを連れて70kmほど離れたウーディネ市から日帰り旅行。家族でヴェネツィアに来るのは初めてなんですって。

近いとかって来ないものなんだよ、って分かるなぁ。

ちなみにブタコはヴェネツィア、4回目です。








この日の食事は、友人おすすめのヴァーカロ(立ち飲み屋)併設のトラットリアで、昼食と夕食も。

本当に美味な品々。

ランチのチケットの盛り合わせには、みんな大満足です。
チケットとはバーカロで出される一口大のおつまみのことで、魚介のフリットや揚げミートボール、バッカラ(塩タラ)のマンテカートがポレンタに乗っかってきたりと、それは気の利いた美味なものが満載なのです。

d0033983_15473951.jpg

そして季節モノのモレーケ!!
いわゆるソフトシェルのことですが、脱皮したばかりの地中海緑ガニを、生きたまま卵液に絡めて、粉をまぶし、さっと揚げた珍味です。殻の香ばしさ、このサクサク感が病みつきに。
レアなモレーケにありつけるなんて、私たち本当に運が良い!(夕食に舞い戻った時は、モレーケは完売していました)

d0033983_15481480.jpg

晩は、アラカルトを何品も注文し、皆で分けました。
白ポレンタの上に、あられほどの小エビとアーティチョークを炒めたもの、海の幸のソースをたっぷり吸った極太の手製スパゲッティなど、お腹も舌も大満足でした。
ポレンタの粉で焼いたクッキーも素朴で美味でしたよ。

翌日は、ロマネスクの特徴的な教会を訪れるためにヴァポレットに乗船。
詳細は是非本が出版されてから見ていただきたいので、どこへ行ったかは秘密としておきましょう。

ヴェネツィアに2泊滞在した後は、ウーディネ近郊の町、チヴィダーレに行きます。
ヴァポレットの移動はこれまでにして、またレンタカーでの移動です。

ヴェネツィアを発ったのは夕刻7時。
立ち込める乳白色の深い霧のため、視界が数メートルしかきかない悪天候でしたが、無事に目的地まで到着しました。

butako
[PR]
by butako170 | 2010-04-03 15:42 | 旅行記
<< イースターおめでとうございます! ロベルトの誕生日会 >>