とあるフェスタ
誕生日って、みんなから「おめでとう」と祝ってもらう日というよりも、
「今まで支えてくれてありがとう」って、みんなに言う日だと思う。


ハロウィンの日にめでたく歳を重ねました。去年はトリノのサローネ・デル・グスト関連でバタバタと過ぎていった誕生日ですが、今年はじっくりと過ごすことができました。

「誕生日会を開く」と2週間前に決めてから、私よりも主人のほうがソワソワしていました。「tae、メニューは決めたのかい?ワインはどうする?」etc..  イタリアでは何歳になっても誕生日会は盛大に開くものなんです。
だいたいホームパーティ様式で、あらかじめ友人たちに声をかけておきます。懐に余裕がある場合、もしくは料理嫌いは、ピッツェリアやレストランにご招待。

やはり誕生日の夜を愛する人たちと過ごす…というのは、全世界共通なのです。ま、イタリアの場合は、家族でこじんまりというよりも、皆で騒ぎ倒すのがメジャーですが。

料理は凝り性のbutakoのことですから、何か特別なものを作ろうと思っていました。
日本食にするか、イタリアンで本場のイタリア人に勝負を挑むか(笑)

d0033983_691683.jpg

メニュー選びの決め手になったのが、この前のカッシャのサフラン祭りで買った、シチリアの農家のパキーノ産の乾燥トマト。
このプチトマトが最高においしいのです。
南イタリアの太陽をいっぱい浴び、糖度をグンと上げています。おまけにコクもあって、これぞトマトの女王!という味わい。

結局、メニューのほうは、アンティパスト10種の盛り合わせとボリート・ミストにしました。
残念ながら写真はなし。
作っているときって、アンチ写真モードになってしまうのですが、
後になって予想外の良い出来に、なぜ撮らなかった!って後悔するのがオチです。

アンティパストは
・鳥肝のパテのクロスティーニ
・黒セロリのブルスケッタ
・ラルドとアンチョビのクロストーネ
・パキーノトマトのオイル付け
・カポコッロ(サラミの一種)のルッコラサラダ風 ザクロの実を散らして
・オレンジのスライスに乗ったコッパ(サラミの一種)
・野草のパイ包み
・ポテトとモルタデッラのガットー(オーヴン焼き)
・子桃のピクルス
・黒オリーブとオレンジの皮のマリネ


北イタリア風おでんともいえるボッリートミストですが、これは、牛肉、牛タン、雌鳥(一羽丸ごと)をそれぞれ香味野菜と煮込んで、そして一同に取り分けるもの。トリノで去年のそう、ちょうどこの時期に食べたボリートが忘れられなくて…。
大なべで牛のモツなんかもグツグツ煮込んで、台の上で切り分けながら、お客の目の前でサービスするさまは、豪快そのもの。
d0033983_6111199.jpg
 
そんな北の味が恋しくて、ソースも真似っ子しました。
ざっと6種類なり。

①マヨネーズソース(ヨーグルトとパセリなどを入れたもの)
②マスタード
③サルサ・ピッカンテ(唐辛子ソースに蜂蜜とパプリカを加えたもの)
④サルサ・ヴェルデ(パセリとにんにく、アンチョビの爽やかなソース)
⑤タロソース(ロベルトの発明したセロリとカッペリ、アンチョビのソース)
⑥モスタルダ(桃やアンズのシロップにマスタードのエッセンスを加えた超刺激的なもの。)


①、③~⑤は手作りです。
写真がないのが残念ですね。雰囲気を味わってもらうためにも去年のトリノのイメージをご覧ください。

おまけに今回はパンを手作りにしてみました。
クルミパン、ほうれん草チーズパン、白ゴマパン、トマトソース+クミンパン。
コロコロ小ぶりに作ってみました。かわいい~&おいしー。(これは間違いなくリピートですな)

デザートは、butakoお得意の抹茶ロールです。
もっちりした食感がイタリア人にもウケて、いつも大好評。
渦巻きが美しいので、切ってサーブしたかったのですが、丸太の状態のままで。
なんせ、キャンドルの関係で…。
そうなんです、年甲斐もなくロウソク、ふぅって吹き消しちゃいましたよ。いやぁ、正直に言うと、幾つになってもあれって、うれしいもんですね。

そして、手作りのノチーノ(クルミのリキュール)やリクオライス(リクイリツィアのリキュール)を飲みながら、楽しい夜は更けていきました。すべての料理に関して、友人たちは大満足。大いに褒めてもらいました。(実は内心ホッとしてます)

この日、友人たちからもらったプレゼントは、見事なほど料理道具一辺倒でした。
ロベルトは、パスタを打つための巨大なまな板と麺棒。
友人たちは、パスタマシーンに、チョコレートフォンデュセット、かわいい黄緑色の秤など。
そして心のこもった手書きのメッセージが、何よりの宝物です。

わたしたちの親愛なる友へ、真摯な心でもってメッセージを送ります。
あなたの人生が、これまであなたが笑顔で過ごしてきたように、喜びに満ちたものになりますように。

フランチェスコ、チンツィア、ルチア、ラウラ、ジャコモ、パオロより


本当にありがとう。
そしてこれからも、よろしく。
[PR]
by butako170 | 2009-11-03 06:03 | 報告
<< 抹茶ロールのレシピ ウンブリアの食卓から~HP完成... >>